赤い袖先【韓国ドラマ】13話 14話 15話のネタバレとあらすじ感想(袖先赤いクットン)

この記事では、2PM ジュノ主演の韓国ドラマ赤い袖先(袖先赤いクットン)の感想とネタバレをまとめています。

韓国ドラマ赤い袖先(袖先赤いクットン)の内容が気になっている人は是非参考にしてくださいね。

ここからネタバレが始まります。

※見たくない人は注意してください※

>>>赤い袖先を無料視聴する方法はこちら

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)』13話のネタバレとあらすじ

 

「一緒になって欲しい」

つのる想いをついに告白したサンでしたが、返事をしないドクイム。

サンは胸の内を内禁衛将(ネグミジャン)のカン・テホに相談することにしました。

テホから女心を伝授しているところへ何やら怪しげな人影が…。

と思ったら次の瞬間、サンに向かって武器が飛んできたのです!

反射的に身をかわす事に成功するサン。

テホはすぐに外に出て刺客たちを捕まえようと激しく応戦したにも関わらず結局は取り逃がしてしまいます。

そのため、サンを襲った逆賊を捕らえよ!と、ドクイムや東宮の女官たちにまで王命が下ります。

ドクイムが物音を確かめようとその場を離れようとした瞬間、ドクイムを引き止めるウォルヘ。

しかし、その後すぐにやってきたドンロからウォルヘは逆賊の仲間として連れて行かれたのです。

ドクイムは以前、ウォルヘに自分の父親は反逆者と呼ばれた思悼世子に仕える武官だったと告白したことがありました。

それでも何故かドクイムだけは守ると言っていたウォルヘ。

ドクイムはウォルヘが連れていかれた牢屋に行き、さっきはどうして助けてくれたのかと聞きました。

それに対しウォルヘの返事は「ただ助けたかっただけ」と一言でした。

 

事件が解決した頃、サンはドクイムにある賭けを持ち出します!

望むところですよ!と張り切るドクイム。

ドクイムの願いは、かつて先王に仕えていた友人のボギョンを再び呼び戻して欲しいということ。

一方、サンの願いはドクイムから先日の告白の答えを聞くことでした。

その結果、運良く賭けに勝ったドクイムは願い通りにボギョンを宮廷に呼び戻してもらうことに大成功!

さらに、サンを襲った逆賊に罰を与えるべきだと進言したのですが、黒幕はサンの腹違いの弟だった事が分かり大後悔するドクイム。

なぜならば、何も知らなかったとはいえ結果的にはサンの弟を殺せと言ってしまったも同然ですから……。

 

月日は流れて宮廷ではサンの後宮選びの話が持ちあがりました!

当然、サンは後宮になるのはドクイムただ一人だと心に決めています。

それなのにドクイムがサンの母・惠嬪ホン氏を通してサンの後宮にはならないと断ったと聞きショックを隠しきれないサン。

ドクイムを呼んで、何故このような大事な事を人の口から聞かされなければならないんだ!と責め立てます。

ドクイムは仕方なくこう答えました。

「後宮になれば自由が奪われ他の後宮や中殿の事まで気にかけなければなりません」

「そして何よりも自分自身を見失ってしまうのではないかと、それが一番怖いのです」

これを聞いたサンはすぐには何も答えられませんでした。

 

後日、後宮候補として宮中で列をなして歩く少女たちの中にドンロの妹の姿を見つけたドクイム。

一方、サンの気持ちがまだドクイムにあると知っていた中殿キム氏は、欲しいものはどんな手段を使ってでも手に入れることが出来るのが王なんだと助言します。

しかし、サンはこう答えました。

「自分は良い王になれることが一番の願いなんだ」と…。

結局、ドンロの長年の願いが叶ってドンロの妹が元嬪(ウォンビン)として後宮に選ばれることが決定しました。

そんな中、くったくのない笑みを浮かべながら元嬪から声をかけられ複雑な心境に駆られてしまうドクイムの姿が…。

その夜、ドクイムはサンが住む大殿を守る当番になっていましたが一気に気持ちが沈みます。

ソ尚宮からサンが元嬪のところで過ごすと聞いていたドクイム……。

夜通し殿下を待つことは大殿を守る女官としての使命だと分かってはいながらも、サンのことを思うと何ともやるせない気持ちになってしまうのでした……。

ai

うう…複雑だよね…

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)』14話のネタバレとあらすじ

 

ドクイムはサンの部屋の前でいつのまにか眠ってしまったようです。

ふと目を覚ますと隣にサンが居ました!

「きっとこれは夢にちがいない」

そう思ったドクイムですが横を見ると夢なんかじゃありませんでした。

不思議そうに見つめるドクイムに、王になって良かった事は自分に逆らう者が誰もいないことだと答えるサン。

実はサンは元嬪の部屋には行かず観象監(天文学に基づき大切な日取りや物事を決定する部署)に行っていたのです。

観象監を買収したドンロが妹との合宮(一夜を共にする意味)の日取りを操作した疑いがあるからそれを確かめるために…。

しかし、例え自分の行いがバレたとしてもサンから罰せられることはないと妙な自信を持っているドンロ。

そんななか、元嬪が体調をくずして寝込んでしまいました。

元嬪に呼ばれて部屋に様子を見にいったドクイムに元嬪は弱音を吐きます。

今回のことで兄・ドンロが罰せられてしまうのではないか?

一度でいいから兄の力になりたかったんだ!と涙する幼い元嬪の姿が可哀想になり何とか力になってあげたいと思います。

元嬪の部屋から出てくるとサンに呼び出されたドクイム。

宮廷の暮らしに慣れていないまだ幼い元嬪が不憫でならないからもっと優しくしてあげて欲しいとサンにお願いするのです。

そんなドクイムの無神経ともとれる言葉に思わずサンは腹立たしくなり…。

「どうしてお前からそのような事を聞かされなければならないんだ!!」

後宮を断っただけではなく、他の女性に近づけさせようとするドクイムが理解できないサン。

自分をずっと避け続けるドクイムをいっそのこと無理矢理にでも手に入れようかと口走ってしまったサンをソ尚宮は思わず引き止めます。

しばらくして、元嬪の病はさらに悪化してついに亡くなってしまいました。

原因は重いうつ病です…。

自分のせいでまだ幼くして後宮にされてしまった可哀想な妹の死を前に兄のドンロは大号泣するのでした。

やがてドンロは妹の死には誰かが関わっているのでは?と考え始めます。

 

一方、宮廷内ではこの頃から物騒な騒ぎが次から次へと…。

女官たちの失踪が相次ぎ、しまいにはドクイムの親友ギョンヒまで行方不明に!

このことを受けてドクイムは不安で落ち着きません。

ただならぬ様子についに動き出し、ドンロに事件を解決するよう命じるサン。

しかし、事件は一向に解決する気配がありません。

ドクイムがあまり心配をしないように、必ず同僚たちを見つけ出すと約束をするサンでしたが…。

ドクイムは毎晩、宮廷内を捜索したにも関わらず消えたギョンヒや官女たちを見つける事が出来ません。

そうした中、サンはこの事件の背景にドンロがいることをついに突き止めました!!

そうとは知らないドクイムはこの夜もかつては広寒宮のアジトだった洞窟を捜索していた時にその動きを一早くかぎつけたドンロに捕まってしまいピンチに陥ります!!

しかし、あわやというところで武官を引き連れたサンにより救い出されました。

実は少し前からサンはドンロを捕らえるために、動きを観察してそのタイミングを見計らっていたのです。

陰で自分を裏切り悪事を働いてきたドンロに怒りを爆発させるサン!

周りの物たちはドンロの処刑を求めますが、サンの心中を察したテホのおかげで厳罰だけは免れました。

しかし、ドンロは罰を与えられたのと同じくらいにこれまで一度もサンから認められていないみじめな自分に失望するのです。

一方、全てが解決した後、書庫に呼び出されたドクイムは自分の言葉を信じずにどうして大妃に助けを求めたのかとサンに追及されてしまいます。

またもやサンに心無い言葉を返してしまうドクイム…。

ついに我慢の限界がきてしまったサンはドクイムの意思とは関係なく乱暴に引き寄せ唇を重ねるのでした。

ai

きゃー♡

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)』15話のネタバレとあらすじ

 

サンの突然の行動にドクイムは最初は抵抗するものの、やがて自然に身をゆだねてしまいました。

しかし、それでも怒りが静まらずに思ってもいない事を口走ってしまったサン!

「目の前から消えて二度と私の前に現れるな」

こう言いながら夜が明ける前に宮廷から出て行くように命じてしまうのです。

それを受けて荷物をまとめて仕方なく出て行くドクイム…。

 

一夜明け、サンは誰も居なくなってしまったドクイムの部屋を見ると心の中にぽっかりと穴が開いてしまったような気分になりました。

ふとそこに置いてあった荷物に気づいたサンはその中から祖母・朠嬪(ヨンビン)が書いたと思われる書物を発見……!

中から、幼い頃にサンが禁書と呼ばれる書物を読んでいるところを英祖に見つかってしまった時に慌ててちぎったと思われる紙切れが出てきました…。

 

月日が流れて一年後、宮廷を追い出されたことなど忘れてしまったかのように明るく元気なドクイムの姿がありました。

ある日、そんなドクイムの前に現れたのはドンロでした!

相変わらずのドンロは道中に貼られていたお達しが王の後宮を選ぶカンテクだったと説明します。

そして、「殿下はあなたのことも、私の妹のことももはや覚えていない」と言うのです。

サンが新しい後宮を探していると聞いてドクイムも決していい気はしません。

そんななか、宮廷を出て民の暮らしぶりなどを視察している最中に急な悪天候に襲われてしまうサンでしたが…。

仕方なく近くにあった王女の屋敷で一夜を明かすことになるのですが、そこにはドクイムがいました!

実はドクイムを追い出した後、サンは自分の妹であるチョンヨン公主に彼女の事を頼んでいたのです。

そんな事があったとは夢にも思わないドクイムが屋敷の明かりを灯しているといきなりサンが目の前に現れました!

それでも顔色一つ変えずに冷静なドクイムに向かってサンは低い声でこう呟きます。

「一度承恩を賜った者は元の女官には戻れない…、承恩を受けても後宮になれなければ…」

ドクイムに会って罰が悪くなったサンが家臣らと共に宮廷へ戻っていく途中、前から一人の女性が近づいてきました。

それは新しくサンの後宮になった和嬪(ファビン)ユン氏でした。

 

その頃、再び宮廷に戻ってくるようにとの王命を受けたことにより、もう一度ドンロに会いに行ったドクイム。

彼女には宮廷を出てからずっと後悔していたことがあったのです。

それはドンロの妹の元嬪が亡くなってしまったのは悪事を重ねてきた兄のせいだと言ってしまったことでした。

確かにドンロが何の罪もない女官たちを監禁したり、観象監を買収して元嬪とサンの合宿の日取りを勝手に決めたりした事は断じて許せるものではありません!

けれども「人の寿命を決めるのは天であり決してあなたのせいではありません」とどうしてもドンロに伝えたかったのです。

王宮に戻ってきたドクイムは新たに後宮・和嬪に仕えるよう命じられます。

きっぱりとドクイムへの想いを断つ事を決意したサンもその日和嬪の元へ…。

しかし、和嬪に仕えるドクイムの姿に気づいた瞬間、驚きを隠せなくなってしまったサン!

その様子からサンとドクイムとの関係を素早く感じ取る和嬪……。

 

しばらくしてサンの元へドンロが命を断ったとの知らせが届きます。

ドンロが遺した手紙の中には幼い頃にサンを助けたのは自分ではないと書かれていました。

禁止されていた書物を読んでいたサンが英祖から罰をうけてしまわないように慌てて書物の一部をちぎり取ったのは自分ではなく一人の見習い女官だったのだと…。

それを読んだサンは自分のせいでドクイムが宮廷から出て行った日の事を思い出します。

そうか!あのとき部屋で見た荷物の中から出てきた書物の切れ端がまさにこの事だったのか!!

居ても立っても居られずドクイムの元へ向かうサン。

その頃、ドクイムはサンとの関係を疑がわれ罰を受けていました!

和嬪の嫉妬に腹が立つものの、今は和嬪に使える女官なので王とて口出しができないのです。

ある日、ドンロが死んでしまったことを知り、一人橋の上で涙を流すドクイム。

そこへサンがやってきて、幼い頃、自分が禁書を読んで英祖に罰を与えられそうになった時のことを聞いても決してドクイムは口を開こうとしません…。

「何度も助けてくれて本当にありがとう」サンはそっとお礼を言うのです。

ai

ようやく真相が明らかになったね!
二人はどうなっちゃうの~

>>>赤い袖先を無料視聴する方法はこちら

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)のキャスト・放送日・監督・脚本

 

イ・サン … イ・ジュノ(2PM)

ソン・ドクイム … イ・セヨン

ホン・ドクロ … カン・フン

 

放送日

2021年11月12日~2022年1月1日

話数 全17話

制作 MBC

監督:チョン・ジイン、ソン・ヨンファ

代表作

チョン・ジイン

私の愛、あなたの秘密

自己発光オフィス〜拝啓!運命の女神さま!〜

脚本:チョン・ヘリ

代表作

仮面の王イ・ソン

階伯

★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: コピーしないでね(>_<)