赤い袖先【韓国ドラマ】10話 11話 12話のネタバレとあらすじ感想(袖先赤いクットン)

この記事では、2PM ジュノ主演の韓国ドラマ赤い袖先(袖先赤いクットン)の感想とネタバレをまとめています。

韓国ドラマ赤い袖先(袖先赤いクットン)の内容が気になっている人は是非参考にしてくださいね。

ここからネタバレが始まります。

※見たくない人は注意してください※

>>>赤い袖先を無料視聴する方法はこちら

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)』10話のネタバレとあらすじ

 

ちょうどその時、ソ尚宮がやってきたのでサンはソ尚宮にドクイムを託して仕方なくその場を後に…。

一方、世孫を殺す計画は失敗に終わったと聞いた提調尚宮は、先に宮廷を追い出されたホン・ジョンヨを慌てて訪ね協力をしてくれるように頼みます。

このままでは謀反を起こした自分の身が危険にさらされてしまうと提調尚宮も必死!

結局、提調尚宮の策略どおりサンを疑い、ドンロがサンを探して外に出ると、サンは自分を助けるために疲れ切ってしまったドクイムを抱きしめていました。

 

そこへ駆け寄ってドンロはサンに皆が探している事を伝えます。

ドクイムが目を覚ますまでこのままでいたい!というサンの言う事には耳を貸さないドンロ。

自分こそがサンを救ったのだと言うドンロの言葉にサンは何も言い返せなくなってしまいます。

無事に帰って来た事を喜ぶどころか逆に木牌まで奪い取ってしまった英祖…。

 

翌日からサンは東宮を追い出されるように英祖の監視の下に置かれるようになってしまいました。

ドクイムは書庫でサンの書物を守るように突然言われるのですが、その理由をドンロに聞いても答えてくれません。

ひとりぼっち、書庫でサンのことを想うドクイム。

やがて眠りに落ち、夢の中でサンに会えて思わず涙してしまいます。

そして、ふと眠りから覚めた時、思わず「会いたい…」と呟いてしまいました。

次の瞬間、なんとそこへサンが現れたではないですか!

刺客から救ったごほうびに望遠鏡で星が見たいとサンにお願いするドクイム。

そんなささやかなドクイムの願いを叶えた後、書庫で誰のことを想って泣いていたのかと訪ねるサン。

「お前も同じ気持ちでいるのなら……」と尋ねようとしたサンの言葉をドクイムは遮ります。

そして、「今はただ王位につく事だけを考えてください」とサンにお願いするのでした!

サンが去って行く後ろ姿に向かって「どうかご無事でいてください」とドクイム。

その言葉を聞いたサンは思わず振り返りドクイムの額にキス!

 

翌日、ドクイムはソ尚宮に会いに行く途中、廊下で偶然ソ尚宮とウォルヘの会話を聞いてしまいます。

そして、ソ尚宮が「広寒宮」の名簿に名を連ねたと知ってビックリ!!

この事実を伝えた仲間の女官たちからどうしたいのだと聞かれたドクイムは、もちろんソ尚宮を救いたいと答えます。

 

その夜のこと、提調尚宮が不在だと確認しソ尚宮を連れてこっそりと提調尚宮の部屋へ侵入したドクイム…。

そしてソ尚宮の名前が書かれた名簿を探すのですが、そこへ提調尚宮が帰ってきてしまったのです!

その時、奥で名簿を探していたドクイムたちは掛け軸の裏に不自然な扉を発見していました。

ドクイムがおそるおそる扉を開けて中へ進むと、なんとそこには「広寒宮」のアジトが!

 

そのまま奥へ進んだドクイムとソ尚宮が次に目にしたのは地下の牢屋に閉じ込められて血だらけで倒れているパク尚宮でした。

パク尚宮を担いで慌てて外に脱出した二人。

しばらくして提調尚宮も何となく異変に気づいて牢屋に下りて行くと、牢屋の中が見事に空っぽになっていたので思わず愕然。

 

そのような出来事があった後、宮中では予定されていた行事が執り行われ、英祖やキム氏も出席していました。

親族だけの集まりにとても満足している英祖にこの食事は英祖のために用意されたのですよと話しかける中殿キム氏。

そして、誰がどの料理を準備したのか当ててみてはどうかと英祖に提案します。

しかし、中殿キム氏の言葉を聞いた英祖の娘ファワン翁主の表情はにわかに不安そう…。

なぜなら翁主は行事が始まる前、提調尚宮からある事を指示されていたのです!

落ち着かない翁主の様子に警戒を強める中殿キム氏。

そうとは知らず、次々と運ばれてくる料理に英祖はご機嫌な様子。

しかし、次に運ばれてきた料理を見た瞬間、英祖の顔色が一気に青ざめてしまいます!

それは生の柿とカニ料理でした。

かつて先代王が毒殺された時に口にしたのがまさにこれらの料理だったのです!

この料理を目にした英嬪ホン氏もサンもビックリして思わずその場に立ちすくむのでした。

果たして、英祖を驚愕させてしまったこの料理を用意したのは一体だれ…??

 

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)』11話のネタバレとあらすじ

 

英祖は並べられた料理を目にして立ち上がりました!

そして、この料理を用意したのはサンの母・恵嬪(ヘビン)ホン氏ではないかと考えたのです。

この時、サンは母をかばって名乗りでて近くに置いてあった焼きごてを握り、手に大やけどをしてしまいました。

英祖が去ってしばらくしてから後に続くサン。

 

一方、この騒動が英祖の娘・ファワン翁主の仕業だと思った中殿キム氏は翁主だけその場に残らせて他の者たちを下がらせます。

そして、サンがあの時名乗り出なければ大変なことになっていたんだ!と翁主を激しく叱りつける中殿キム氏。

サンが大やけどをしてしまったことをあとから聞いたドクイム。

薬を持って慌ててサンのところへ行ったにも関わらず、中に入れてもらえないのです。

サンは王・英祖がどんな判断を下すのかじっと待っていました。

ドンロは例えどのような決断だったとしてもちゃんと許しを請わなければならないと言います。

そんな時にでも東宮でドクイムの姿を見たかと訪ねるサンには呆れてものが言えないドンロ。

 

その頃、サンの身を案じて涙を流していたドクイムにパク尚宮はサンを救う方法があると切り出します!

それによると、サンの父・思悼世子は亡くなる前に自分の命と引き換えにサンを守ってくれるように英祖と約束を交わしたとの事。

その時の事を記録した「金榺之詞(クムドゥンジサ)」さえ見つかればサンを王位に就かせる事が出来るんだとパク尚宮。

これを聞いたドクイムは、とにかく恵嬪ホン氏の屋敷へと急ぐのでした。

 

しかし、思悼世子からその文書があることさえ聞いていないと言う恵嬪ホン氏にドクイムはある事を思い出します。

そして次の瞬間、自分の背中に彫ってある「明」という文字を見せたドクイム!

実はドクイムの父は思悼世子に仕える翊衛司という王を守る兵の一人だったのですが、思悼世子の信頼がとりわけ厚く、金榺之詞のことを聞いていたらしいのです。

そのため、その文書の在りかのヒントを示す「明」という文字を娘の身体に彫っておいたとのこと。

それだけでなく、パク尚宮が持っていた帽子や恵嬪ホン氏がはめていた指輪にもその文字が刻み込まれていました!

 

そのころ、英祖の判断を待っているサンのところへドンロが同徳会のメンバーたちを連れてやってきました。

この様子に思わず呆れてしまうサン。

サンと二人きりになってからドンロは今こそ英祖から王位を奪うべきだとサンに訴えます!

しかし仮にも英祖は自分の祖父だからこれ以上は何もするな!とドンロを突き放すのです。

 

翌日、ついに金榺之詞の在りかを探し当てたと言いながらやってきたドクイム。

しかし、サンはすでに英祖から呼び出されたから気にするなと言ってそのまま去ってしまいます。

降りしきる雨の中、一人取り残されてしまったドクイムの目から流れ落ちる涙…。

しかし、このままではいけないと考え直して次に向かった先は中殿キム氏のところでした。

ドクイムが必死で中殿キム氏を説得している一方で、英祖の前で必死で許しを請うサン。

 

しかし、英祖は提調尚宮チョ氏の働きにより同徳会の名簿をすでに手にしていました!

サンが自分を裏切るためにこの組織を作っていたのだと思い込み英祖の怒りが爆発寸前ーー!!

ついに英祖は傍らに置いてあった刀を思わず抜いてしまいました!

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)』12のネタバレとあらすじ

 

裏切られたと誤解してサンに激しい怒りをぶつける英祖!

その時すでに頭の中が混乱していた英祖はサンのことを「ソン(亡くなった思悼世子の名前)」と呼んでしまうのです。

その様子にサンは思わず涙し、「私はサンです」と必死で訴えかけるものの英祖はますます混乱するばかり…。

英祖も何とかして思い出そうと努力はするものの症状は悪化してどうしようも出来ません。

そこへ中殿キム氏がドクイムと共に現れます。

そして、思悼世子(サドセジャ)との間の約束をどうか思い出してくださいと英祖にお願いするドクイム。

しかし、その場にやってきた提調尚宮がドクイムの言葉は嘘だと言うのです。

そんな状況の中、ついに英祖は頭の痛みを訴えるまでに…。

 

緊迫した空気は続きますが、英祖が急に何かを思い出したようにパッと立ち上がりました!

そして、次の瞬間、王座の後ろの壁から何かを取り出すしぐさを‥。

よく見ると、それはまさに英祖と思悼世子との間で交わされたた約束が書かれてある「金榺之詞(クムドゥンジサ)」です。

王の判子が押されたその文書を見た英祖はサンに王位を譲ると宣言しました!

その後、呼び出された娘の翁主は英祖からオクセをサンに直接渡すように命令されますが納得のいかない様子。

しかし、王命にそむく事は出来ないので仕方なくサンに手渡しました。

こうして一時は英祖の病気のせいでピンチに陥いってしまったサンでしたが何とか王位を譲ってもらえることになったのでした。

 

一方、サンが王位についたためすべてが失敗に終わってしまった提調尚宮。

あとの事はウォルヘに託して宮廷を去る準備を始めると同時に処罰が下るのを待ちます。

そこへ英祖からの使者が現れ、王命により投獄を命じると…。

英祖の前へ呼び出された提調尚宮は、「サンが狙われた事件の主犯格にお前の名が挙がった」と言われてしまいます。

その言葉を聞いて提調尚宮は英祖の目の前で自害してしまいました。

命だけは助けてやろうと思っていた英祖だったのに…。

 

その日、ドクイムは離れでサンが来るのを待っていました。

するとサンは「私がお前のことを想うように、お前も同じ気持ちでいるならばきっとここで待っているだろうと思った」と話します。

そして、何かを決心したかのようなサンの様子に思わず不安になってしまうドクイム。

そんなドクイムにサンは今すぐではないから心配するなと…。

 

一方、英祖の症状はみるみるうちに悪化していました。

サンと二人きりになってから英祖は「これからはお前がこの国の王だ」と告げてゆっくりと目を閉じます。

次に英祖が見た風景の中には亡くなった思悼世子の姿が…。

そして動かなくなってしまった英祖を見てサンも涙を流すのでした。

 

英祖が亡くなった後、ドクイムを含め東宮に仕える女官たちは大殿へ移り王のお世話をすることになりました。

正式に王となったサンは王座に座り、臣下たちの前で決意をのべます。

「私は決して逃げも隠れもしません、これからはすべて王の責任です!」

ある日、英祖が亡くなった後に宮廷を去ってしまった友人のボギョンに会いに出かけたドクイム。

そこで見たのは食堂の主になっていたボギョンの姿でした…。

これにはドクイムも友人たちもビックリです!

 

そんな中、サンはドクイムが部屋に来たことすら気づかないくらいに日々慌ただしく公務に追われていました。

その様子を見ながら部屋でずっと待ち続けて自分のために薬まで準備をしてくれていた優しいドクイムに心から申し訳ないと思うサン。

そしてついにはこらえきれずドクイムに告白をしてしまいます!

「お前を傍に置きたい…、宮女としてではなく私の女性として」

「お前と家族になりたいんだ…」

突然のサンの告白にドクイムは激しく戸惑いを隠せず…!!

 

>>>赤い袖先を無料視聴する方法はこちら

韓国ドラマ『赤い袖先(袖先赤いクットン)のキャスト・放送日・監督・脚本

 

イ・サン … イ・ジュノ(2PM)

ソン・ドクイム … イ・セヨン

ホン・ドクロ … カン・フン

 

放送日

2021年11月12日~2022年1月1日

話数 全17話

制作 MBC

監督:チョン・ジイン、ソン・ヨンファ

代表作

チョン・ジイン

私の愛、あなたの秘密

自己発光オフィス〜拝啓!運命の女神さま!〜

脚本:チョン・ヘリ

代表作

仮面の王イ・ソン

階伯

★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: コピーしないでね(>_<)