私たちは今日から【韓国ドラマ】第13話のネタバレと感想!あらすじや動画配信状況

この記事では、ソンフン主演の韓国ドラマ私たちは今日からの感想とネタバレをまとめています。

韓国ドラマ私たちは今日からの内容が気になっている人は是非参考にしてくださいね。

ここからネタバレが始まります。

※見たくない人は注意してください※

>>>私たちは今日からを無料視聴する方法はこちら

韓国ドラマ『私たちは今日から第13話のネタバレとあらすじ

 

ガンジェとラファエル、双方から復縁を迫られたウリ。

祖母はラファエル、そして母ウンランはガンジェを応援します。

肝心のウリはというと、突然の展開に戸惑いを隠せず…。

念願のメイン作家となったウリでしたが、なかなか執筆作業は進みません。

そんななか、ウリの作業場に現れたのはガンジェ。

ガンジェはウリと離れてみて、自分が傍にいない方がウリの為になると思ったことを後悔していると伝えます。

つづいてラファエルが現れると、同じくウリへ謝罪の言葉をかけます。

結局、2人の求愛はとどまることを知らず、ただただ混乱するばかりのウリ。

入院中の先輩作家を訪ねたウリは、どちらを選べばいいかわからないと相談します。

すると、2人を主人公にしたシナリオを書いてみてはどうかと先輩作家。

こうしてウリはガンジェとラファエル、それぞれを主役にした脚本を執筆することに。

 

その頃、理事長は息子のラファエルにイム室長との関係について告白。

実はイム室長は、理事長と結婚する前にラファエルの母親が産んだ娘だったのです。

つまりラファエルとイム室長は、正真正銘の姉弟だといいます。

そんなイム室長が自分に復讐する為にラファエルとウリまで襲ったことに責任を感じた理事長は、決して自分を許すなと告げ、財団を後にします。

父親の話を聞いて家族について色々と考えたラファエルは、改めてウリのもとへ。

するとそこへガンジェも登場し、またしてもウリを巡って対立する2人。

そんな2人に向かって、ウリは「2人とも嫌!」と叫びます。

家に戻ったウリは、今度は家族からどちらを選ぶのかと聞かれる始末。

ガンジェとラファエルの前では2人とも嫌だと答えたウリでしたが、実際はどちらかを選ぶことができないほど、2人に惹かれていると明かします。

これには思わず頭を抱える一同。

 

イム室長から財団の重要資料を盗み出すよう言われたマリは、約束通りUSBを渡します。

しかし、最初からイム室長の言いなりになるつもりなどなかったマリ。

マリの裏切りを知ったイム室長が襲いかかろうとした瞬間、家に入ってきたのはガンジェと後輩刑事のナヒでした。

マリのおかげで見事イム室長の逮捕に成功したガンジェ。

翌日、改めてラファエルと顔を合わせたマリは、自分の本当の名前がイ・マルジャだと明かします。

そんなマリに慰謝料だと言って、封筒を差し出すラファエル。

ソンイルのドラマ撮影最終日、現場に駆け付けたウリは、初めてソンイルを「お父さん」と呼びます。

その後、ウリを連れて両親の納骨堂へ向かったガンジェ。

実はウリが知るガンジェの父親は、母親の再婚相手だったといいます。

最初は気まずくて、なかなか父さんと呼ぶことができなかったというガンジェ。

しかしある時、父親がガンジェを野球場へ連れて行き、そこで初めて父さんと呼ぶようになったというのです。

自分にとって父親はただ1人だと告げたガンジェは、ウリの子供を受け入れる覚悟を伝えます。

そんなガンジェの言葉に、思わず心を動かされるウリ。

 

家に戻ったウリは、これまでの時間を埋めようと努力してきたソンイルに向かって、改めてお礼をいいます。

ソンイルがウンランと結婚を望んでいると知り、自分も応援するとウリ。

数日後、ウンランに内緒で準備をすすめたソンイルは、皆の前で感動のプロポーズ!

するとウンランは、ソンイルが差し出した指輪を受け取り、「ちょっと待って」と言います。

プロポーズを受け入れる前に、条件があるとウンラン。

ウリが先に結婚相手を選んだら、自分もソンイルのプロポーズを受け入れると言うのです。

これに対し、すでに自分の答えは決まっているとウリ…。

韓国ドラマ私たちは今日から第13話の感想

 

ガンジェとラファエル、どちらと結婚するのか選択を迫られたウリ…

果たして、ウリが出した答えとは??

序盤の流れからだと、てっきりラファエルとゴールインすると思われたウリでしたが、ここにきて雲行きが怪しくなってきました。

確かにラファエルはお腹の子供の父親ではあるものの、ウリの心は別にあるような気が。。

そんななか、正式に別れを告げたラファエルとマリ。

このままガンジェとウリが上手くいって、ラファエルとマリが復縁?なんても考えましたが、やはりそれは都合が良すぎるかな?

最後の最後で良心を取り戻したマリが、なんとも健気で憎めないです。

まぁ、元はといえばマリが勝手にラファエルの精子を使って人工授精をしようとしたのが、すべてもの始まりだったのですが汗

もっと早くにマリがすべての過ちを告白して再出発を図っていれば、今頃2人は幸せになれていたかもしれませんね。

さて、残すところあと1話となった本作。

最後にウリが選ぶのは、ガンジェ?それともラファエル?

最終話まで気の抜けない展開が続きそうです。

楽しみ!

 

>>>私たちは今日からを無料視聴する方法はこちら

韓国ドラマ私たちは今日からのキャスト・放送日・監督・脚本

 

 

オ・ウリ … イム・スヒャン

ラファエル … ソンフン

イ・ガンジェ … シン・ドンウク

 

放送日

2022年5月9日〜2022年6月21日

話数 全14話

制作 GROUP8

監督:チョン・ジョンファ

代表作

美男<イケメン>ラーメン店

となりの美男<イケメン>

私たちは今日から

脚本:チョン・ジョンファ

代表作

会社を辞める最高の瞬間

私たちは今日から

▽◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: コピーしないでね(>_<)