女性漫画

深夜のダメ恋図鑑4巻ネタバレと感想!漫画を安全に無料で読む方法も!

尾崎衣良さんの『深夜のダメ恋図鑑』4巻目です。

登場人物は変わらず、佐和子、円、千代。

そして諒くん、八代さん。

そこに今回は”正論を振りかざす男”市来さんが新たに登場します。

女性に対しての不満や理不尽なところが耐えられず、まるで佐和子たちのようにばっさりと論破していきます。

ネタバレを読むより実際にコミックを読みたい方は無料で読む方法を解説しています♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

腕枕の現実とクセ

千代は八代さんとの映画デートのあと彼の家にお泊りする予定です。

前回初めて一夜を共にしたので、2回目もなんとか大丈夫でした。

「腕枕いる?」と八代さんに聞かれ、腕枕をされながら[結婚したら毎晩腕枕をしてもらって…]と幸せな妄想をしながら眠りに付きます。

朝目覚めると、口の中に髪の毛が入ってると思い取ろうとすると、そこには八代さんの脇毛が。

ちょうど脇の位置で寝てしまっていたようです。

ショックのあまりに「毛」としか発することができなくなってしまった千代でした。

そんな八代さんは千代にとってはとても素敵な人なんです。

王子になろうと努力していたかいもあり、千代からみたらパーフェクトな存在でした。

ある日寝ている彼の寝顔を幸せを噛み締めながら眺めていました。

すると八代さんが寝ぼけながら鼻をほじりだしたのです。

千代はパニックになりながらも[落ち着いて千代。たまたまそこに穴があったから入ってしまっただけよ。指が抜けたらいつもの八代さんよ!]と思い聞かせます。

その後八代さんは指を抜き、口へ…。

女子会で千代は「ははは鼻くそをおおおお食べになった!?」とパニクるのでした。

佐和子から「無意識レベルは許してやれよ」と言われ

円からは「鼻くそがついた手を布団のどこかで拭かれるよりはいい。彼は自ら鼻くそを片付けたのよ。彼はものすごいデリカシーの持ち主なのよ」と慰められるのでした。

正論振りかざし男

大学時代の友人・早苗とご飯にきた円。

最近の恋バナを報告しあいながら、円の男運のなさについて語っています。

既婚男ばかり言い寄ってくると愚痴っていると後ろの席から

「そんなふうに愚痴ってばかりいるからいい男に出会えないんじゃない?」と声が。

振り向くと1人の男性が。

「ずっと聞いていたけど、君に寄ってくるの既婚者とかダメンズばかりなんだね。

そんなにダメンズ続いてたら自分に原因があるとか思わない?

自分は変わる気ないのに男のせいばかりにして。そんなんだからいつまでたっても彼氏できないんだよ。」とばっさり。

「愚痴ってる暇があったら自分磨きでもしたら?モテメイクしたりおしゃれレストラン行ったりすることじゃないよ?」と。

静かに聞く円に対し「なんか反論ある?ぐうの音もでない?」と更に続けます。

円は「おっしゃるとおりだと思います。ただ…誰?」と。

「人の話盗み聞きして良いこと言ってるけど、ドン引きすぎて入ってこないんですけど。どちら様なの?」と返します。

口答えを続ける円に対し彼は「かわいくない。」と言います。

円は「かわいくない女の愚痴る見苦しい姿を見せて申し訳ありませんでした。」と謝ります。

その後再び円と早苗で会話をし、何も知らない人に魅力がないとか言われたくないと言っていると、彼は言いすぎたかなと思い謝ろうとします。

それを遮るように円は「こんなおしゃれなレストランに1人で来てるようなやつにとやかく言われたくないんだぐぅ〜。かわいそうだぐぅ〜。きっと話し相手が欲しかったんだぐぅ〜。」と。

早苗に止められると、「あ、ごめん。ぐうの音が止まらないぜ☆」と市来さんに聞こえるように言うのでした。

円も自分が男を遠ざけている原因くらいわかっているけど、つい言いすぎてしまうみたいでした。

もう二度と会わないし…と思っているとまさかの会社で再会を果たすのです。



ネット弁慶男

前回の彼・市来さんは時々会社で顔を合わせる関係に。

ある日市来さんから、休みの日であいてる日はないかと聞かれます。

どうやら彼の先輩・姶良さんという方が円のことを気に入ってるらしいのです。

断る円に、「別に付き合えって言ってるわけじゃない。そういう風にもったいつけてお高くとまってるからいつまでたっても男ができないんじゃないの?」と言われてしまいます。

そんなわけで円は姶良さんとデートをすることに。

カフェに入り円から話しかけますが会話が全然弾みません。

頑張って盛り上げる円に対し、一定温度の姶良さん。

ぐったりして帰宅した円に、次いつ会えますかと姶良さんから連絡が。

まだ初日だし慣れたら変わるだろうと期待し次のデートへ。

しかしまたも同じ状況でデートは終了。

楽しくないと同僚に愚痴ります。

一緒に行ったお店のラテアートがかわいかったと話しながらお店の情報を見ていると、そこには自分が頼んだラテアートの写メが。

それは姶良さんのアカウントでした。

そこには[キョーミもないのに写真撮らされるww]

[女ってまじしょーもねー話ピーチクパーチクずっと喋ってんのなww]と円に対しての悪口が書かれていました。

円は怒りながら姶良からの連絡には今後すべての返答はピーチクパーチクでいいかしら…とつふやくのでした。

その後、姶良さんからの連絡を既読スルーしつづけてた円。

帰り道で市来さんと姶良さんから声をかけられます。

市来さんは「既読スルーは失礼じゃないのか」と問い詰めます。

円は「自分より合う女性がいるとおもうので」と姶良さんに断りました。

するとアレがだめ、コレがだめ、自分の価値高く見積もり過ぎだと市来さんから言われ

その状態に我慢ができなくなり、アカウントに書かれていたことを伝えます。

そのことに反論する姶良さんに「ピーチクパーチクうるせぇんだよ」とキレる円。

姶良さんは立ち去ります。

市来さんに対しても「もう関わりたくないんで放っといてください。」とお願いします。

「わかった。お詫びに今度別の男紹介するから!」と言う市来さんに

「アンタさっきから全然わかってないよ!」と突っ込む円でした。

フニャフニャ男

佐和子は高校の時に初めて付き合った30代の社会人の話を女子会で話しています。

年上だったこともあってかなんでもリードしてくれていた彼。

しかし身体の相性はイマイチ上手くいきませんでした。

佐和子は謝りますが、彼は「俺のブツがでかすぎるのかな〜?」と笑っていました。

しかしその後も何度チャレンジしても駄目で…。

その度に「初めての子には俺のサイズは無理があるのかも」

「こんな大きいと入んないよな〜」と彼は言います。

だから佐和子のせいじゃないよと。

佐和子自身はデリケートな話題なだけに誰にも相談できず、プライドを傷つけたくないと彼にも言えないまま…

結局、何もすることもなく別れてしまいます。

しばらくして彼が友人と会話してるのを偶然聞いてしまいます。

俺のマグナムが大きすぎて全然入らなくて別れたと笑いながら話す彼。

佐和子は悩んでいたのに軽くネタにされていたことにショックをうけました。

円は「初彼でそれはつらいね…」と一言。

佐和子は当時経験がなかったから分からなかったけど今ならわかると円が買ってきたおでんで例えました。

「ここにあるおでん、こんにゃくに割り箸なら簡単に刺さるじゃない?

でもちくわだったら…刺さるわけがないよね。

ずっと言えなかった…彼大きさを強調してたけど多分重要なのは硬さじゃないの?って」

円と千代は黙って聞いています。

「佐和子ちゃんのせいじゃないってそりゃそうだ。あんな中途半端な硬さのものなんて入るわけない。」

と佐和子が言うと我に返った円は

「アンタあたしが買ってきたおでんでなにしてくれてんだよ!」と怒鳴るのでした。

そのあとも話し続ける佐和子に円は「もうやめて〜!」と怒っていました。

深夜のダメ恋図鑑4巻の感想

今回は市来さんの登場でまた一波乱ありました。

きっと悪い人ではないはずです(笑)

むしろ円とお似合いかななんて。

佐和子の元カレの話は個人的に好きで、おでんを使った例え話なんてものすごくわかりやすくて最高でしたw

千代は八代さんに対してどんな姿でも好きだと自分に言い聞かせますが、やはり潔癖な所なのか理想を捨てきれていないのか…。

何度読んでも飽きない一冊でした^^

こちらの方で深夜のダメ恋図鑑を無料で読む方法を解説しています^^

安全確実に高画質な漫画を読むことができるので是非参考にしてみてください。

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link