少女漫画

大人の問題提起シリーズさけび【5話】最新話のネタバレと感想!kiss2019年1月号

Kiss2019年1月号掲載の大人の問題提起シリーズさけび5話のネタバレ・感想・考察です。

ここからは大人の問題提起シリーズさけび5話のネタバレになりますのでご注意ください。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

大人の問題提起シリーズさけび5話ネタバレ

さつきは会社を辞め、新しい道を探し始めていました。

仕事も見つかり、頑張ろうと意気込んでいると、

横断歩道の反対側から堂林が歩いてくるように見えました。

慌てて戻るさつき。

しかしよくみると全然似ていない別人でした。

”こんな時間にこんなところにいるわけない”

そう言い聞かせるさつき。

結婚式での司会進行中にも、人が遠ざかっていくように見えそれ以上進行はできなくなりました。

”スーツの男の人が怖い”

”大勢の人がいる場所に立っていることができない”

さつきはこの状態を病院で相談します。

先生は、一人で抱え込まずに周りの人に話してみることも大事だとアドバイスします

結局さつきは新しい仕事を続けることができませんでした。

セクハラで受けた傷はさつきを解放してはくれませんでした。

さつきに残ったのは、自己嫌悪敗北感だけでした。

さつきは法律相談センターに行き、なんとか相手に謝罪させる方法はないかと相談します。

しかし、

今回のケースは証拠もないし、あなたが傷つくだけよ

裁判はおすすめできないわ」

そう言われてしまいます。

労働基準監督署に行き、労災は受けられるか相談すると、

セクハラで労災は前例がなくてね。

もっとほかの不当な減給とか、未払いがあったとかじゃないと無理だなぁ」

と言われてしまいます。

さつきはどこに行っても誰に聞いても同じだと思ってしまいます。

誰にも助けてもらうことはできなんだとうつむいていると、

”ひとりじゃないよきっと誰かがそばにいる

少しでもいい話してほしい”

そう書かれた窓口の名刺を拾います。

そのまま持ち帰るさつき。

その日の夜、夢の中に堂林があらわれました。

目が覚め、ダメ元でも誰かに話を聞いてもらいたいと思い、

昼間拾った名刺に電話をかけるさつき。

電話越しに叫ぶさつきに対し、

大丈夫ですか?そこは安全に話せる場所ですか?

そう冷静に言葉がかえってきます。

すごく丁寧な対応に緊張がほぐれていきます。

そしてセクハラを受けていたことを話すと、

「どんな理由があってもセクハラを受けていい人なんていませんよ。

大変でしたね、よくここまで独りで頑張ってこられましたね」

その言葉に涙があふれて止まらないさつきでした。

翌日、”ウィメンズ・テラス”を訪れたさつき。

ここは女性の駆け込みシェルターだと職員が話します。

こんなところがあったなんてと驚きながら、労基署で言われたことを伝えます。

労災認定をするしないは窓口が判断することではないのにとイライラする職員。

もう一度リベンジに行こうとさつきを誘いますが、

「今回こちらで自分の話を共感してもらえたおかげで心が落ち着きました。

これで十分かもしれません」

そういい、これ以上自分に戦う力があるのかとこぼすさつき。

「うん、わかった。最後は山口さんがどうしたいかそれですべて決まる。

私はあなたの選択を尊重しますよ」

そう言う職員でした。

それから保留のまま施設に通い始めたさつき。

電話がひっきりなしにかかってくる現状をみて、

”一体世の中にはどれほど多くの女性が悩み、助けを求めてるんだろう”

そう思うのでした。

部屋で仕事関係のものを整理しながら、

”堂林は私がこんなに苦しんでいることを知らない。

何事もなかったかのように今日もあの会社で…

また新しいターゲットを見つけて同じことを繰り返しているのかもしれない”

そう思いながら、今諦めたらこのままになるんだと思ったさつきは、

労災認定を申請することを決めます。

職員は、

「私たちの合言葉は、

”やめない、負けない、諦めない”

一緒に戦いましょう」

そう優しく言葉をかけてくれました。

さつきは、この人達と一緒なら恐れることはないのかもしれないと、

心強く思うのでした。

大人の問題提起シリーズさけび5話感想

フラッシュバックみたいな症状に襲われてしまいましたね(;^ω^)

そうなるような気がしたんです。。

たくさんいる女性の中の一人としか思っていなかったからこそ、

堂林は何事もなく過ごせてるんだろうな(-_-;)

そしてさつきが思った通り、新しいはけ口を見つけてるんだろうな…。

さつきはそのままでは新たに被害者が増えるだけだと思ったんでしょうね!!

泣き寝入りしないことを決意しました!

しかし、本当にいい相談窓口に出会えたなと思いました(´;ω;`)

この話は結構昔の出来事だから、そこまでセクハラに対して強い感じではなかったんですよね(-_-;)

こういったさつきみたいに泣き寝入りせずに乗り越えようと思った女性が

増えてきたから今現在、セクハラ問題も厳しく捉えられているのではないかなと思いました。

Sponsored Link