少年漫画

昭和元禄落語心中2巻ネタバレと感想!原作漫画を無料で読む方法も!

こちらの記事では、10月スタートの岡田将生さん主演の「昭和元禄落語心中」の原作漫画の内容をご紹介していきます。

昭和元禄落語心中1巻ネタバレと感想!原作漫画を無料で読む方法も!昭和元禄落語心中1巻ネタバレ・感想!無料で漫画を読む方法も!漫画を電子書籍を使って一番お得に無料で見る方法やネタバレ・感想を紹介しています。ピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリや漫画村の代わりのサイトを今すぐチェックしてみよう!...

ネタバレを読むより実際にコミックを読みたい方は無料で読む方法を解説しています♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

昭和元禄落語心中2巻ネタバレ

登場人物

有楽亭八雲・・・現役の大名人。与太郎の師匠。

与太郎・・・満期で出所しその足で八雲に弟子入り。

有楽亭助六・・・伝説の名人。事故で亡くなっている。八雲と同門で小夏の父。

小夏・・・伝説の大名人・有楽亭助六の娘。両親が亡くなったあと八雲に引きとられた。

3つの約束

助六の落語を八雲に隠れて聞いていた与太郎。

そこへ小夏が来て、次の日の八雲の独演会の前座に出る事になっているのを初めてきいて与太郎が青ざめます。

次の日――。

稽古の足りていなかった与太郎は、前座で助六の『初天神』を披露しますが、客席を冷えさせてしまいます。

さらに、助六の落語をやったことで師匠である八雲の砂をかけたことに・・。

そして、八雲の落語が始まると、舞台袖で与太郎が寝てしまいました。

さらに、いびきが客席にも聞こえる始末。

アドリブでしのぎ、大盛り上がりで高座が終わらせた八雲は、与太郎に破門を言い渡します。

雪の中帰っていく八雲にすがり謝る与太郎ですが、八雲は与太郎を残し帰っていきました。

家の前で座りこむ与太郎を小夏が中にいれました。

与太郎は、八雲に心底惚れていると話しますが、八雲の落語が自分にはできないと言います。

そして助六の落語が近い気がするけど、やりたいのかはわからない・・・だから側においてほしいと頼む与太郎。

そんな与太郎に八雲は、破門しない代わりに3つ約束をしろと言います。

1つ目は、八雲と助六の落語を全部覚えること。

2つ目は、八雲と助六が果たそうとした”二人で落語の生き延びる道を作る”という約束を変わりに果たすこと。

3つ目は八雲より先に死なないことでした。

そして、八雲は与太郎と小夏に、助六との噺を聞かせることにしました。

菊比古と初太郎

母に連れられて七代目・有楽亭八雲のもとに来た幼い頃の八雲。

芸者の家に生まれた八雲は女系家族に生まれて居場所はなく、

踊りをしても誰にも褒められず、さらに足を痛めたことで家族に七代目八雲のもとへ捨てられたのでした。

そして、同じく七代目八雲のもとに弟子入りをするために来た助六。

身寄りのなかった助六は、八代目八雲になるために入門したのでした。

そして、入門から月日は流れ、

八雲は”菊比古”、助六は”初太郎”という前座名をもらいました。

その頃、菊比古(八雲)は、昼は学校、夜は寄席という生活で、1日落語漬けの初太郎(助六)との差がどんどんひらいていき、焦っていました。

それでも芸事の世界にいられることは菊比古にとって幸せなことでしたが、戦争は酷くなる一方で不道徳・不謹慎という理由から落語会は自粛することになり廃れていってしまいます。

兄弟子たちも辞めていき、最後に残ったのは菊比古と初太朗の2人になりました。

そして七代目八雲師匠は、満州の慰問に初太郎と行くと言い、菊比古には女将さんと一緒に田舎に行ってほしいと言われます。

 

数か月で戻ると言っていた二人は数か月後には音信不通となり、半年、一年と時が過ぎていきました。

そして、終戦―――。

東京の家に戻った菊比古でしたが、家主は戻らず。

菊比古は、真打の師匠の計らいで二ツ目なみの扱いにしてもらい、座敷を毎日こなしていく日々に。

そして、ある日七代目と初太郎が帰ってきました。

それとともに、寄席にも人が戻ってきました。

その後、成人した二人はトントン拍子に二ツ目に上がり師匠の家を出て二人暮らしを始めました。



助六

初太郎は、”助六”の名前をもらい、

満州慰問の旅で腕を上げ、若手の中では一番の注目株となっていた助六。

助六の高座は、独特の熱を帯びており、客がみるみる虜になっていくのがわかるほどでした。

 

一方、色気のある落語を目指していた菊比古ですが真面目さゆえ、なかなか自分の落語でできずにいました。

そんな菊比古を見かねた師匠が、助六も一緒に菊比古を遊びに連れていきます。

そしてそこに現れたのが、師匠が満州で出会ったというみよ吉という女でした。

菊比古はみよ吉にお店に来てと誘われました。

 

みよ吉に歌と踊りを教える菊比古。

帰り際、みよ吉は「また来てね きっとよ」と言って菊比古に抱きつきました。

 

昭和元禄落語心中2巻感想

2巻は主に、八雲(菊比古)と助六(初太郎)の弟子時代の話です。

助六は弟子時代からカリスマ性があったんですね~。

そして、みよ吉の登場。

小夏の母です。

このみよ吉の登場で八雲と助六の関係が変わっていったりするのかな・・・と思ったり。

八雲はみよ吉の誘いを受けるのか・・・注目です!

こちらの方で昭和元禄落語心中1巻を無料で読む方法を解説しています^^

安全確実に高画質な漫画を読むことができるので是非参考にしてみてください。

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link