少女漫画

パーフェクトワールド【43話】最新話のネタバレと感想!kiss2019年1月号

Kiss2019年1月号掲載のパーフェクトワールド43話のネタバレ・感想・考察です。

ここからはパーフェクトワールド43話のネタバレになりますのでご注意ください。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

パーフェクトワールド43話ネタバレ

つぐみの父親に交際を認められ、

みんなと同じように二人で一日を過ごせることを噛み締めるつぐみ。

ご飯屋さんで老夫婦が仲良く食事している姿をみて、

「ああやって歳をとっても仲良く旅行するっていいよね」

とつぐみに問いかける鮎川。

”私たちはどうなるのかな”

そう思いながら、鮎川の気持ちを気にしていました。

一か月前、父親から自分のことを一番に考えてくれと言われたつぐみ。

前働いていた職場に戻る事になりました。

そのため、今日鮎川と東京に一度戻ることになっていました。

もう焦らなくていい反面、プロポーズはないのかなと不安に思うつぐみでした。

その日の夜、鮎川が設計した圭吾と楓夫妻の家を訪ねていました。

車いすに乗る楓は、鮎川が設計したおかげで、

ストレスなく動けると喜んでいました。

4人で圭吾が作った料理を食べ、楓は

この家にいると車いすに乗っていること忘れそうになる

と笑顔でつぶやきました。

そんな二人をみてつぐみは、素敵な夫婦になってるとほっこりするのでした。

「この料理なら合格!

この家をお店に変えた時もお客さんいっぱいくるよ!」

突然そう言い出す楓を、少し休んだ方がいいのではと寝室へ連れて行く圭吾。

戻ってきた圭吾は、

「楓がいなくなったあとのことを話し合っているんだ。

楓、終活を始めたんだ

そう話し出します。

自分がいなくなったら圭吾はどうやって生きていくのか、

どんな店にしていきたいかなど、

できるだけ一緒にイメージしておきたいと言っていたと話します。

「この家で二人で暮らして、その先のことまで楓と共有していられること。

俺たちはちゃんと夫婦になれた、そのままの形で終わりを迎えられる

幸福なことだよ

はっきりとそう話す圭吾でした。

圭吾と楓は悩み苦しんで、他の夫婦よりも限られた時間の中で

どうすれば後悔なく二人幸せに生きることがでいるのかと考えたんだろうなと、

思うつぐみでした。

そして、自分たちはどうなっていくのかとも考えるのでした。

ベランダで鮎川とつぐみが一緒にいると、

「俺わかったんだ、ずっと考えてたこと」

そういきなり言い出す鮎川。

顔が赤い鮎川を心配して圭吾にお水をもらいに行くつぐみ。

鮎川は小さな声で、

そういうわけじゃなくて、結婚の…

そうつぶやくと、そこに楓があらわれ

結婚?

復唱するのでした。

つぐみと圭吾の耳にも入り、鮎川の元へ寄ってきます。

「結婚って言いました今?

鮎川さん、まさかここで公開プロポーズ!?」

興奮気味で質問攻めする楓。

その言葉に驚き、

「えっ鮎川ほんとなの?

プロポーズなの?」

ずいずい寄っていくつぐみに、

「わ~~…うん」

そう答える鮎川。

周りは祝福の声をあげますが、

鮎川は”こんなはずでは…”と思うのでした。

圭吾の家を出た二人は鮎川の運転で帰っていました。

そして寄り道をしていくことに。

「今日圭吾さんたちの家を建てられてよかったと思ったよ。

楓さんがあの家で穏やかな時間を過ごせてるなら俺にとってこれ以上嬉しいことはないよ」

つぐみをそっと抱き寄せながらつぶやきます。

「うん、楓さん車いすに乗っていること忘れちゃうって言ってた。

その言葉に嘘はないと思う」

そう答えるつぐみ。

鮎川はさらにつぐみの肩をぎゅっと強く抱き寄せ、

「俺たち二人の間で出来る限り障害を忘れる時間を作れたら幸せだなって思った」

そう話します。

自分ができることは出来る限りやる。

でも本当に困ってどうしようもないときは、川奈に向かって叫ぶよ

そしてつぐみの手をとり、左手の薬指にそっと指輪をはめます

「全部がそう簡単にうまくはいかないかもしれないけど、

そんな風にやっていきたい」

指輪を見ながらつぐみは、

「これ、江ノ島でくれたのと同じところの…」

そう言い泣き崩れます。

もう一度言うよ、結婚しよう

「…はい」

”二人ならこの先どんなことがあっても一緒に道を見つけてゆける”

そんなことを思うつぐみでした。

パーフェクトワールド43話感想

幸せそうなカップル2組が描かれていました♪

楓が終活をはじめたというシーンは胸が苦しくなりました(;^ω^)

自分がいなくなったあとも、圭吾の悲しみが少しでも減るように

あえて終活をして死に向かっていこうとしているのかなと思いました。

そんな時間も大切だよなと考えさせられました。

それは鮎川とつぐみも同じだったみたいで、

やっと鮎川からのプロポーズ!!

つぐみよかったねって心から思いました♡

これからが大変だけど、きっと二人なら大丈夫なんだろうな♪

鮎川のプロポーズは、新鮮でなんだかすごい心に響きました!!

幸せになってほしいです(*^-^*)

Sponsored Link