少女漫画

黒子に恋は、いりません。2巻9話ネタバレ・感想!プチコミック2018年11月号

プチコミック2018年11月号掲載の黒子に恋は、いりません。9話のネタバレ・感想・考察です。

9話はコミックス2巻に収録されると予想しています。(違っていたらすみません;)

ここからは黒子に恋は、いりません。9話のネタバレになりますのでご注意ください

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

https://comic-life.com/mangamuryou

Sponsored Link

黒子に恋は、いりません。9話のネタバレ

葵に恋してると確信してから、周りで成宮葵という言葉を聞くどころか、

”成り立ち”やらの名前で使われている言葉を聞くだけでも反応してしまう里子。

先日、葵と芝居の練習をしていて

「あなたが好きです」

その言葉を葵に重ねてしまいました。

”生徒に好きなんて言えないし、この想いは自分の中でおさめないと”

そう思い聞かせていると、目の前に葵があらわれます。

平常心で話しかける里子。

そこへ神名木さんがあらわれます。

その場を去る葵を切なそうに見つめる里子に、

「先生と成宮くんっていい感じですよね」

そう話す神名木さん。

成宮くんもほかの人といるときとは違うみたいな・・

沢村先生も特別みたいな・・・

好きみたいな

そうつぶやく神名木さんに心の中で動揺する里子。

「ないない!

神名木さんに成宮くんを好きでいていいって言ったでしょ!」

と、冷静に否定します。

好きとか有り得ないと話す里子に、神名木さんは協力してくれるよう頼むのでした。

その頃、屋上では義兄の豪とばったり会う葵。

里子のことを執拗に構う豪に、

「俺は当時小学生ですべては知らないけど、沢村先生と付き合ってるときに今の奥さんと結婚したよね」

そう話す葵。

さらに、捨てたんだよねと聞く葵に、

うん、そう。捨てた。

そう言い放つ豪。

そして立ち去りながら、

「だからお前は何が何でも離れるなよ。」

そう微笑む豪でした。

自分たちは付き合っているわけでもないし、向こうは生徒として好きだと思っているだけだしと前置きをしながらも、

「でも、とにかく俺は何があっても離れない!」

そう宣言する葵。

そして一瞬何ともいえない表情になる豪を疑問に思うのでした。

”もう昔のこと。終わった恋。”

そう思いながら歩く豪の目の前に、高校生の姿の里子の姿が。

思わず抱きしめる豪でしたがそれは幻覚で、実際には現代の里子がそこにはいました。

何するんですかと少し怒りながら、会議が始まる事を伝える里子に、優しく微笑む豪でした。

里子は、神名木さんから葵と二人きりにしてほしいと頼まれます。

そして二人でいるところをこっそりのぞく里子。

大胆に葵に触れる神名木さんをみて、嫉妬します。

そんな姿を見ているうちに、

”葵が神名木さんのことを好きになってもなにもできないんだ。

想いを伝えないってそういうことなんだ。

成宮葵が私の前からいなくなっても仕方ない。

そう思う里子。

そして神名木さんが葵にキスをしようとした瞬間、

「や・・やめて!」

里子は二人の前に飛び出します。

協力するといったことが、本心ではなかったことを謝ります。

そして自分の本心は、先生として隠すべきだと思っていたことを話す里子。

だけどもそれは二人に失礼だからと、

私は成宮葵が好き

そうはっきり告白するのでした。

二人の様子から両想いだと知っていた神名木さんは、あまりにもごまかそうとする里子に対して、

悔しくもなり演技してしまったと謝り立ち去ります。

固まる里子に、葵は

「遅い。俺がキスされたらどうするつもりだったの?」

と問いただします。

そして色々悩んだことを話し、それでも自分を追いかけてくれたことを再確認する葵。

必死な葵を里子は抱きしめ、

「うん。いい。

成宮葵が好き―――」

そう伝えるのでした。

黒子に恋は、いりません。9話の感想

恋する人あるあるな展開で始まりましたね♪

好きな人の名前に敏感になる。

わたしもありましたそんな時が(#^^#)(笑)

里子の場合はずっと恋することをしてこなかったからこその、反動なのでしょうかね??

好きになっちゃダメなのにって思えば思うほど、好きが抑えられなくなっているみたいな里子♪

その様子に気付けた神名木さんは恋のキューピッドですね♡

そして見事な演技力にわたしまでも騙されていました(笑)

葵は作戦だということに気付いていたのでしょうかね?

そして間一髪のナイスタイミングで飛び出す里子!

それも神名木さんの計画のひとつだったのかな( *´艸`)

先生と生徒を超えた想いになんだかキュンとしてしまいました♡

葵の自信なさそうな姿もまたよかったです♪

そして、葵の元カレであり葵の義兄である豪。

屋上での兄弟でのやり取りは、なんだか意味深でしたね!

自分が守ってあげられなかった分を弟に託すみたいな。

そんな風にわたしは読んでて捉えました!

そしてそのあとの、高校生姿の里子に抱きつくシーン。

今も未練ありなのかな?

豪と里子の昔の話も読んでみたいなと思いました★

それにしても里子も複雑じゃないのかなと!

だって好きな人が高校生で、しかも元カレの弟

そして元カレと付き合っていた時は生徒としての立場。

結構深いなと思いました♪

Sponsored Link