少女漫画

恋人は旦那さま4巻16話のネタバレ感想!プチコミック2018年11月号

プチコミック2018年11月号掲載の恋人は旦那さま16話のネタバレ・感想・考察です。

16話はコミックス4巻に収録されると予想しています。(違っていたらすみません;)

ここからは恋人は旦那さま16話のネタバレになりますのでご注意ください。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

恋人は旦那さま16話のネタバレ

お正月明け、初めて家でお鍋をしていた結と幸介。

「僕が会社を辞めたいと言ったらどうしますか?」

そう話し出す幸介。

「こんな風に鍋をしたり、その時の自分にとって大事なことを選べたらなと思って・・」

拘束される時間が多くなるからフリーになりたいとの相談でした。

初めて幸介から仕事の相談をされた結は、うれしい気持ちになります。

そして、いいと思いますと答える結。

「働きすぎで体壊しちゃいそうだなと思ってました。

もしもの時はお父さんの工場二人で働きましょう」

そう話し、お鍋の〆は何にするかと聞く結でした。

自営業家系なこともあり、頼もしい結に心強いなとホッとする幸介でした。

そんな結のことが大好きな幸介を、ずっと想っていた人物がいました。

同じ職場の相模さんです。

幸介のことを好きだと確信したのは、幸介の結婚が決まった時でした。

上司に報告しているのを聞いてしまったのです。

新居の話をする彼。

お弁当を持ってくるようになった彼。

髪型を変えた彼。

奥さん第一になった幸介を間近で見ることになってしまった相模さんでした。

ある花火大会の日に、初めて奥さんを見た相模さん。

幸介が結に相模さんを紹介し、相模さんには結を

「妻です」

そう紹介します。

結は、

「初めまして、主人がいつもお世話になっています」

そうはにかみながら挨拶をします。

そして照れくさそうな二人をみて、本当にもう彼は結婚したんだなとそう思うのでした。

たとえ結婚したとしても、仕事中の彼は今までと何も変わらない、それで十分だと思っていた相模さん。

しかし、結が体調不良のため定時で帰ったり休んだりと奥さんのために動くようになってきた幸介に悲しさを抱きます。

”私と朝比奈、二人で中心になってやってきたプロジェクトなのに”

そう思う相模さんでした。

そして幸介が、プライベートを大切にするために会社を辞めてフリーになることを知ります。

残業している相模さんに話しかける幸介。

早く帰っても新婚さんと違ってすることがないと、軽く嫌味を言う相模さん。

そして、

”自分の居場所はここにしかない。

少しくらい私たちの間にも何かあったはずだよね―――”

そう思っていると、急に涙が流れました。

そんな姿に気付いた幸介は、相模さんを家へと誘います。

幸介の家で食卓に座る相模さんは、何やってるのかなと自分自身に疑問を持ちます。

その日はカニ鍋だということで、相模さんがカニが好きだからよかったねと話す幸介と結。

いただきますと食べ始める相模さんに結は、

めしあがれ

そう言います。

そんな言葉初めて言われた相模さんは少し照れくさそうにします。

餅巾着が2つしかないからと、幸介が結の食べかけをもらおうとする姿を見て相模さんは、

潔癖で会社の飲み会は鍋以外でと答えていた幸介を思い出します。

本当に変わったんだなとしみじみ思う相模さん。

私もいつか誰かを想って変わっていくときがくるのかな

そう淡い期待を持つのでした。

さっきまで泣いていた相模さんに対し、

「何をへこんでるのか知らないけど、とりあえずカニ鍋食べて対策考えろよ。

相模ならなんとかなる」

そう励ます幸介でした。

帰り道、相模さんを送る幸介に、女を家へ誘ったら奥様はいい気がしないから気を付けなよと忠告する相模さん。

それに対して幸介は、泣いている女の人がいたらどうしたらいいかと聞くと結から家に連れておいでと誘ってくれたと話します。

「何年も一緒に仕事した仲間だろ。

相模じゃなかったら俺もこんなことしない。」

そう微笑みかけます。

もう大丈夫とお礼を伝え、

「家行ってよかった。

わたし朝比奈のこと好きだったみたいでさ。

ちゃんと失恋した気がする

幸介に好きだったことを告白します。

固まる幸介に、過去形だからと付け足す相模さん。

そして帰ろうとする相模さんに、

「ごめん!」

それだけ伝える幸介。

ごめんって・・全然らしくないよ

そう思いながら微笑む相模さんでした。

家に帰宅した幸介は、

「多分結さんがいなかったら僕は相模のこと気にも留めなかった」

と、家へ誘うように言ってくれた結にお礼を伝えるのでした。

恋人は旦那さま16話の感想

デレデレの新婚さんとはまた違うけれども、ちゃんと甘さが伝わる幸介と結♡

お互いがさりげなくお互いを支えているのが伝わりました♪

そしてそれは相模さんにも伝わっていて・・・(#^^#)

邪魔したり、ねたんだりとかそういうのがなくて、ひっそりと思い続けていた相模さん。

気になっていた人が結婚することが決まって、その時に好きだったと気づくなんて。

すっごく切ない気持ちになりました(´;ω;`)

近くにいすぎて見えない気持ちってやつなんですかね?

相模さんの涙は、きっと今まで二人で築いてきた仕事の上での絆や、抑えなきゃいけない幸介への想い、そしてすごく幸せそうな二人の姿、いろいろな想いがあふれてしまったのかなと思いました!

そしてその涙を見た幸介は、ほっとけないけどどうしていいのかわからず結に連絡(笑)

することがかわいいなと思いました(笑)

正直者なんでしょうね幸介は(*^-^*)

結も、ヤキモチをやくとか一切なく、奥さんとして立派に振舞っていたように見えました♪

ごはんを食べる前に、お酒は飲みますかとか色々気遣う結に対し、

”いきなりきたから奥さんも戸惑うよね”

と思っていた相模さん。

でも個人的には、さっきまで泣いていたことを結は知っていたから、優しく気遣ったのかなと感じました★

ラストは、そんな二人みたいに相手を想いあえる人と出会いたいと夢を持つ相模さんを応援したいなと思いました♪

Sponsored Link