少女漫画

きっと愛だから、いらない【22話】最新話のネタバレ感想!Sho-Comi2018年23号

Sho-Comi2018年23号掲載のきっと愛だから、いらない22話のネタバレ・感想・考察です。

ここからはきっと愛だから、いらない22話のネタバレになりますのでご注意ください。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

きっと愛だから、いらない22話ネタバレ

円花はきっと最後になるかもしれない文化祭を楽しみにしていました。

しかし当日、熱が出てしまったのです。

それでも文化祭へやってきた円花。

「今日休みって聞いてたのに来れたんだね」

熱が出て休みだと聞いていたクラスメイト達は驚きます。

「うん。体調よくなったから」

そう答える円花に颯真は、

…顔色悪いけど

そうつぶやきます。

その言葉で円花がまだよくなっていないと気づいたクラスメイト達は、心配して声を掛けます。

”帰りたくない”

帰されると思った円花は焦りますが、

「わかる!ちょっとくらい具合悪くたってきちゃうよね。

文化祭だもんね!」

笑顔でそう言われ嬉しくなります。

「そ、そうよね!」

相槌を打つ円花に対し、普通そうって返ってくる言葉が胸に響きます。

”わたしが普通の中にいる”

円花はそう思うだけで体が軽くなったように感じるのでした。

しかしそこへ先生がやってきて、今から母親が迎えにくるということを知ります。

”連れ戻されちゃう”

焦っている円花にクラスメイトが気付き、

「こっそり逃げちゃいなよ、帰りたくないんでしょ?

準備班だったら彼氏持ちは当日遊べる、これ文化祭のあるある♡」

そう言い、早く行かないと吉良が他校の女子に連れてかれちゃうよと言うのでした。

クラスメイトに甘え、吉良を探す円花。

ひょんなことからお化け屋敷に入ります。

お化けは別にこわくないけど、暗くて探せられないと思っていると、

「キミの血飲ませてよ」

そう声を掛けられました。

驚いて振り向くとそこには吸血鬼のコスプレをした吉良がいました。

「連絡したのに、スマホみてよ」

そう訴える吉良に、家に忘れてきたと答える円花。

そんな円花の顔色がよくないことに気付きます。

吉良は円花のおでこに自分のおでこを当てて確認します。

「あ、やっぱ熱ある」

円花は、

「休めって言われたけど抜け出してきた。

吉良くんと文化祭まわりたくて・・・

お願い帰れなんて言わないで」

必死に訴えます。

吉良はその言葉に少し照れながらも、

「ダメ。俺も一緒にいたいから家にはちゃんと連絡して

そう言い、自分のスマホを渡します。

吉良の言う通りに母親へ連絡する円花。

電話越しの母親はとても心配しています。

「今から迎えに行くわ。

具合悪くない!?」

その言葉に円花は、

「わたしは大丈夫。

今吉良くんといる。吉良くんといるとね苦しくないの。

大丈夫だから心配しないで」

大丈夫だと話しますが母親は、

「円花、言ったでしょ。

彼が病気のこと知ったら…」

母親のその言葉をさえぎるように、

「お母さん!

吉良くんはお母さんが思ってるような人じゃないよ!

この電話だって吉良くんがしてって言ってくれたの。

わたしね、信じたい人ができたんだよ

そう言って電話を切るのでした。

それでもきっと迎えにくると話す円花に、

「じゃあ急いで回ろっ!」

そう言って手を取り駆け出すのでした。

”吉良くんはわたしが何かを諦めようとするといつも手を引いてくれるね

だから迷うことを忘れてします

気が付いたら吉良くんといる時間の分だけ笑顔が勇気に変わってるの

そう思いながら楽しむ円花でした。

すると文化祭のメインステージのバンドにドタキャンされて困ってる人に出会います。

その人達の代わりに吉良がバンドをすることに。

ちょうど学校についた円花の母親は、その吉良のバンドに円花も出るということを耳にします。

ステージへ向かう母親。

すると観客席から最初のバンドと違うからつまんないし帰ろうという言葉が聞こえてきます。

円花はその言葉に対し、

「帰っちゃうの?もったいないなぁ。

まぁいいけど。

最高の”今”をあげる」

そう言葉をかけ歌い出します。

観客は円花の歌声に驚きます。

みんなが聞き入っている中、

”熱がある。

お母さんにそむいてる。

でもわたしは今ここにいる

そう思っている円花でした。

途中ふらつく円花を支える吉良。

幸せそうにしている円花を見つめ、母親は優しく微笑むのでした。

そして円花は、病気のことすべてを吉良に話そうと決意します。

吉良が受け止めてくれると信じながら。

文化祭が終わって1週間、円花は学校に来ていませんでした。

噂では文化祭の日、救急車で運ばれたといいます。

吉良は何度も連絡しますが、一向に返事がこないのでした。

きっと愛だから、いらない22話感想

熱があるなか吉良と回るために頑張ってきた円花!!

気持ちがすごくわかります!

きっとこの日をずっと楽しみにしていたんだろうな( ;∀;)

そんな円花の気持ちにクラスメイトが優しく寄り添ってくれるシーンはほんわかしました☆

そして吉良の対応も素敵でした♪

心配だから帰れということではなく、心配している母親に電話をかけさせる姿がかっこよかったです(#^^#)

円花の想いを尊重してくれてるなと感じました!

母親の心配する気持ちも痛いほどわかります!!

でもバンドの時の円花の笑顔を見て、ホッとしたような優しい笑顔をしていたので

想いが伝わったのかなと思いました☆

円花自身は、ずっと言えずにいた病気のことを吉良にカミングアウトしようと決意しますが…

どうしたんだろう(´;ω;`)

入院しちゃったのかな…。

1週間も連絡つかないとなると、心配ですよね吉良(´;ω;`)

無事を祈るばかりです!!

きっと愛だから、いらない【23話】最新話のネタバレ感想!Sho-Comi2018年24号きっと愛だから、いらない【23話】最新話のネタバレ感想!漫画を電子書籍を使って一番お得に無料で見る方法やネタバレ・感想を紹介しています。ピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリや漫画村の代わりのサイトを今すぐチェックしてみよう!...
Sponsored Link