女性漫画

中学聖日記4巻のネタバレ・感想!無料で原作漫画を読む方法も!

この記事では中学聖日記4巻のネタバレと実際に読んだ感想を書いています。

中学聖日記3巻のネタバレ・感想!無料で原作漫画を読む方法も!中学聖日記3巻ネタバレ・感想!無料で漫画を読む方法も!漫画を電子書籍を使って一番お得に無料で見る方法やネタバレ・感想を紹介しています。ピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリや漫画村の代わりのサイトを今すぐチェックしてみよう!...

ネタバレを読むより実際にコミックを読みたい方は無料で読む方法を解説しています♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

中学聖日記4巻のあらすじ・ネタバレ

新しく小星中にやって来た晶の担任の聖。

可愛くて、でもどこか頼りない“抜けている”聖に対して次第に恋心を抱く様になった晶。

様々なハプニングやすれ違いを越えて、花火大会の夜晶の気持ちに揺れた聖はなし崩し的にキスするも、二人が一緒に帰宅した先には何故か聖の婚約者勝太郎と晶の母親が。

その後、引き離されてしまった二人。

聖は担任を辞職して街から消え、また晶も学校に来ることの無いまま別の街の親戚の家へ1人引っ越してしまいました。

そして、高校生になった晶の元へひょんな事から聖の現住所を入手したとの連絡が。

聖は街を遠く離れた田舎で、勝太郎とは結婚しないまま再び1人教師をしていました。

しかし、既に中学時代から晶のことを好きだった岩崎と晶は身体の関係を結び付き合ってしまっていました。

かつて自分を見失う程好きだった先生の再びの消息に、晶は言葉を失うのでした。

というところまでが前巻までのお話。

続きがますます気になる第4巻は――?!

罪悪感

ホテルで目を醒ました勝太郎。

そこで、勝太郎は自分が出張先で一緒に同行していた原口とバーで飲んでいたあとの記憶が途切れていることに気付きます。

見れば、視界にはすっかりバスローブ姿に身を包んで歯磨きしている原口の姿が。

訊けば何と、ここは原口の部屋であの後ホテルの荷物用のカートに乗せられてここまで戻って来たのだと原口は言います。

何が自分の身に起こったのか動揺して尋ねる勝太郎でしたが、“教えない!”と原口に言われてさっさと自分の部屋に戻れとばかりに追い出されてしまいます。

1人自分の部屋で、一体全体何があったのかと頭を抱える勝太郎。

そうこうしているうちに思い出されたのは、会話の途中で原口が何故かキスして来たことや、ベロベロに酔っぱらった自分が原口に自分語りしていた駄目ダメな自分の姿でした。

自己嫌悪に陥る勝太郎でしたが、こんな時に携帯電話の呼び出し音が。

何と着信の相手はこんなときによりにもよって、元婚約者の聖でした。

こんな状況下の今、聖とは喋る気分になれないと震える携帯電話の前で固まる勝太郎。

今日は寝たことにして明日電話しようと自分に言い聞かせるものの、罪悪感に駆られるのでした。

その頃1人、“勝太郎のことが目標”と言っていた聖のことを話す勝太郎を思い出し“目標とは結婚できないだろ”と呟く原口。

一方の聖も自分が不安な時だけ勝太郎に甘えてしまっていると感じ、自分の卑怯さに苛まされつつ1人応答しない携帯電話を眺めるのでした。

 

早起きしたからと、いつもと違う清楚で整った髪形をして登校してくる岩崎の姿に驚く級友たち。

そんな岩崎の眼に、以前自分に晶と自分の関係性の脆さをつついてきた“薫”と呼ばれる男の姿が。

どうやら、以前付けていた眼鏡が壊れて違う眼鏡を付けて来ている様子。

場面は変わって保健室。

保健室で休んでいた薫の元を岩崎は訪れます。

眼鏡を外して横たわっている彼の元へ“メガネの弁償代”と封筒を投げつける岩崎。

そう、以前の押し問答の末、薫の眼鏡を壊してしまったのは岩崎だったのでした。

そんな岩崎に“図星だったからってキレられても、受け取らないし謝らない”

と言い放つ薫。

そんな薫に、薫が以前苛められていてアメリカに行ったことで生まれ変わったこと、帰って来てもまだ人の眼が怖くて眼鏡でごまかしていることを薫の友達、委員長から聞いたと告げ嘲笑います。

しかし、薫に“顔だけ男との肉欲に溺れるよりマシ”と鼻で笑う薫。

ですが、岩崎は早くに亡くなってしまった自分の父親の記憶、優等生だった自分のお兄ちゃんが突然引きこもりになってしまったという苦しい経験から、好きな人と好きなことをして夜を過ごす出来たのはたとえそれが“対応”であったしても嬉しいと告げます。

逆に恋心に溺れていた自分に気付かせてくれてありがとう、と感謝の言葉すら述べる岩崎。

返す言葉の無い薫は、そんな岩崎の髪形をいじりますが、岩崎もまた彼の眼鏡を茶化してその場を去ります。

残された薫は、予想を上回るほどに真っ直ぐな薫の“痛さ”に1人面食らうのでした。



連絡先

晶はというと、聖の住所の連絡をして来た中学時代のかつての級友、香坂を呼び出していました。

聖の情報が晶の元に行っていなかったことを不思議に思う香坂に、全然来ていなかったと話す晶。

“末永(聖)の住所いる?電話もメアドもあるよ”

という香坂に、やんわりと断る晶。

ですが、会話の流れで聖のことを“ネットでたたかれていたのが原因でやめたのかなぁ”という香坂に晶の顔色は一変。

誰が?と問う晶でしたが、本当はネット叩きに参加していた香坂はそのことを隠して“みんなじゃない?私うといし!”とはぐらかします。

“アホな大人が見て信じちゃうんだよね……”と、中学時代に居た聖を目の敵にしていた厳しい女教師のことを例に出してみたり。

そんな時晶の携帯が鳴り、岩崎が相手と告げると、香坂に問われて晶は岩崎と付き合っていることを香坂にも話します。

中学の時から岩崎が晶のことを周りにバレバレな位好きだったことを知っていた香坂は、喜ぶ反面“聖のことを岩崎が超嫌っていたこと”を思い出したかの様に話します。

もしかして、晶に聖の情報をブロックしているのは岩崎なのでは――という衝撃の言葉に、晶はまた聖のせいで自分がおかしくなりそうだと感じます。

そんな晶に改めて、聖の連絡先いる?と告げる香坂なのでした。

>>次のページに続く!!

1 2 3
Sponsored Link