少女漫画

明日はキミのことなんか。【1話】最新話のネタバレ感想!Sho-Comi2018年23号

Sho-Comi2018年23号掲載の明日はキミのことなんか。1話のネタバレ・感想・考察です。

ここからは明日はキミのことなんか。1話のネタバレになりますのでご注意ください。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

明日はキミのことなんか。1話ネタバレ

女子トイレで女子たちが恋バナをしている横を無言で立ち去る由茉。

「何アイツずっと黙ってて…うざ(笑)」

由茉に対してそうつぶやく女子たちでした。

その後、由茉は瑞希と一緒に奏汰の家へきていました。

漫画で盛り上がる由茉と瑞希。

3人は幼馴染で、性格も性別もバラバラだけども唯一の接点である漫画好きなことで仲良くなっていました。

由茉は、女子トークなんかよりもこの二人といた方が自分らしく好きだと思っていました。

漫画を読んでいた時に奏汰の母親がお茶を持ってきました。

厳しい奏汰の親だったので慌てて漫画を隠し勉強するフリをします。

由茉がお気に入りのペンをなくしたと騒いでいると、瑞希がそのペンを使っていました。

「ああこれ?廊下に落ちてたのを拾ってやったんだよ

そう言ってなかなか返そうとしません。

「取れるまで俺のものな」

そうにやりと微笑む瑞希に苛立つ由茉でした。

その夜、由茉は母親のおつかいをするのに夜歩いていました。

暗いしつまんない、そう思うのはあの二人がいないからだと思うのでした。

するとたまたま塾帰りで合流したという奏汰と瑞希が一緒にいました。

学校で会うよりうれしく思う由茉は、

「アイスおごるから待って!」

と帰ろうとする二人を引き留めます。

いつも学校か帰り道でしか会わないから、つい瑞希の私服姿を見つめる由茉。

その視線に気付いた瑞希は、なんだよと言います。

「二人が制服じゃないからさっ」

照れながら慌てる由茉に瑞希は、

「あー…お前はお前って感じ」

そう言うのでした。

怒る由茉をフォローするように奏汰は、

「由茉かわいいよ」

そう微笑みかけるのでした。

いつもたまたま会えばこうやって過ごしていると話す瑞希に、

「言ってくれれば行くのに」

そうつぶやく由茉。

瑞希はじっと見つめながら、

なんで?別に用ないじゃん

その言葉にショックになる由茉。

”会えて浮かれてたのって私だけ?”

さみしく思う由茉に、

…でもお前ならいいよ

そう優しく言葉を付け足すのでした。

小学校4年生のころから女子とうまくいかず、漫画を描いていた由茉に声を掛けてきた瑞希を思い出します。

生まれて初めて絵を褒められたことで、その漫画ノートは宝物になりました。

一人だった自分に、そのままでいいよと手を差し伸べられた気持ちになったのです。

そんなことを思い出しながら、

「いつも一緒にいてくれてありがとう!

これからも仲良くしようね!」

そう言い、二人に抱き着くのでした。

そんな3人のじゃれてる姿をクラスの女子たちがみていました。

翌日、由茉が登校して下駄箱を開けるとボロボロにされた漫画ノートが入っていました。

心配する奏汰に、大丈夫だよと笑顔で答えます。

すると、

ごめん、それ俺

いつもからかうみたいにしたらちょっと調子乗りすぎたわと軽く謝る瑞希がいました。

由茉は持っていたカバンをぶつけ、

「やっぱ瑞希、性格わる…」

涙をたくさん浮かべながら走り去るのでした。

”あのノートどれだけ大事にしていたのかなんて瑞希が一番知ってるくせに”

分かり合えた気がしていたのは気のせいだったのかと落ち込んでいると、女子の話し声が聞こえてきました。

「はー!すっきりした!

だってアイツが悪いんじゃん。うちらだって瑞希くんたち狙ってるのにさ!

痛い目見ないとわかんないんだね!」

隠れながら聞いていると、

やっぱりお前らだったんだな

そう言って瑞希があらわれました。

「このペンが捨てられてんの見たときからさ気になってたんだよな。

いじめとかガキみてぇなことしやがって。

人のこと好きとか言う前にその腐った性格なんとかしろよ。

次アイツに手出したらマジで許さねぇから」

そうすごい怒った表情でにらみつけるのでした。

慌てて逃げていく女子たち。

一人になった瑞希に後ろから抱き着く由茉。

「お前聞いてたのかよ!」

驚く瑞希に、

私にいじめだと思わせないためだったんだね

その言葉をきき、下駄箱で言いすぎたことを謝る瑞希。

「嫌われたかと思った」

そう言いながらボロボロ涙を流す由茉を抱き寄せ、

「んなわけねーだろバーカ」

そうつぶやくのでした。

明日はキミのことなんか。1話感想

この幼馴染の空気感がなんだか好きです♪

好きなことが共通点っていうのがいいと思いました☆

由茉が思う通り、自分らしくいられる空間ってそういうことなのかなと(*^-^*)

奏汰は意識してる感じはみられなかったけど、瑞希と由茉はなんだか意識してそうな雰囲気??

ただの幼馴染みであんな風に由茉を守るのかなとニヤニヤしちゃいました(笑)

守り方がすごくかっこよかったんです!!

壁ドン足バージョン!!(笑)

まさか由茉に見られてるとはね(´∀`)

ラストで抱き合う二人。

このあとこの3人がどんな風に変化していくのか楽しみです♪

Sponsored Link