女性漫画

青の花 器の森【9話】最新話のネタバレ感想!月刊flowers2019年1月号

月刊flowers2019年1月号の青の花 器の森9話のネタバレ・感想・考察です。

ここからは青の花 器の森9話のネタバレになりますのでご注意ください。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

青の花 器の森9話ネタバレ

二人で雨の中眺めた景色を器にした青子と龍生。

その器がなんと、社内コンペで選ばれました。

選ばれて喜ぶ青子に、採用できて嬉しいと社長も喜んでいます。

そこにもうひとつ、お知らせがあるということで龍生にも伝えてと、社長が切り出しました。

 

龍生のところに急いで駆け付ける青子。

工房の中にいる龍生にコンペの結果と、社長のお知らせを伝えます。

「コンペ!私達の皿が採用されたよ!

そしてなんと あのお皿・・・量産するそうです!

量産とは、お皿を元に鋳型を作ってたくさん作れるようになること。

自分たちの考えた器を、たくさんの人が使ってもらえるようになるのが嬉しい

と喜ぶ青子でしたが

龍生「すみません 量産はしたくないです」

と断ります。

量産すると、自分のベストだと思って作った形が少し変わってしまうので、どうしても抵抗があるという龍生。

青子は、その少し変わってしまう形は、ちょっとだけなのに・・と龍生の気持ちがわかりません。

が、龍生の作っている作業をよく考えると、形を変えたくない気持ちがわかる気もするのでした。

せっかくチャンスなのに、もったいない・・どうしたらいいの?

 

そして仕事が終わり、龍生が社長に話た直後に青子と出会います。

青子「もしかして社長に直談判してきたとこ?社長なんて?」

龍生「少し待て・・と」

青子は、龍生が形を変えたくない気持ちもわかると説得しにかかりますが、龍生は違う理由がありました。

龍生「形だけじゃないんです 絵付けもです

量産することは、青子が描いた雨の柄もほかの人が描くってことになるので、それは違う人が描くと違う柄になってしまうという理由もあったのです。

龍生「あの柄は青子さんのタッチだからいいんです ほかの人に描かせたくない

思わず赤くなる青子。

そこに社長がきて、翌日のツアーの参加をすすめます。

 

ーー翌日

社長の車に青子と龍生は乗り込みツアーに出発。

社長は、まず型屋の現場に連れていってくれました。

量産のための型を作る型屋。

あまり量産はしたくないという龍生でしたが、型屋の一美が、龍生の器を見て褒めたうえで

この龍生の器がどうやって型になるかを説明しはじめてくれます。

『丈夫さと美しさが両立する一番いい形を見つけて、作っていく

今の皿は美人やけど高嶺の花 量産型にしたら 毎日会いたくなる 優しげな美人になる』

一美が器の型を作っている姿を見つめる龍生。

社長「この人に頼めば間違いないっていう一流の型師さんよ」

 

次は生地屋さんへ

生地屋は、型屋が作った型に土を流し込んで同じ形を大量に作るところ。

その現場を見て回る青子と龍生。

作り上げる過程が気になり始めた龍生は、自分から質問をしていきます。

 

次は絵付け用のはんこをつくってもらう工房へ

手描きで難しい柄を絵付けしたいときに、使う絵付け用のはんこは細かいタッチまで出せる技。

その細かい作業の工房も龍生はしっかりと見て回ります。

 

ーーツアー終了

帰りの車の中で、社長が切り出します。

社長「今日見てきたことを踏まえて 龍生くんにも量産のことを前向きに考えてもらえたら・・」

龍生「やりたいです 量産 できればすぐに 何から始めたらいいですか?

と量産に賛成しました。

そのまま、打ち合わせについても話がすすみ、青子は嬉しさが隠せません

青子「龍生くんの器を ここの人たちと作れるのが嬉しい」

龍生「俺の器じゃなくて 俺と青子さんの器なんで

と、少し顔を赤らめながら青子によろしくお願いしますと言います。

 

そして、解散。

社長が帰り、青子と龍生の帰り際。

龍生から「これから連絡が必要になるかと思うので」とラインを交換します。

こんなのただの仕事仲間とのやりとりで 普通のことなのに

こんなに気持ちがはずんでしまうのは なんでやろね?

と、青子は龍生からきたラインのメッセージを見ながら、ウキウキとしていました。

龍生(いい器を作りましょう

青の花 器の森9話感想

龍生と青子が二人で協力した器が、コンペに入賞!

そのうえ量産が決定するといった嬉しい始まりでしたね。

それなのに、断る龍生に「なんで?」と思った人も少なくないはず。

いろいろな理由があったから、それをわかった社長の粋な計らいのツアーがよかったです。

器を作るまではいろいろな工程があることもわかりましたが、それ以上に、龍生が青子の絵についても理解してくれていることも嬉しい展開でした。

これから、素敵な器がもっとできるのかと思うと、楽しみですね

そして、ラインの交換でウキウキとしている青子も可愛いなと。

すぐにメッセージを送っている龍生も、やっぱりどこか青子のことが気になっているのかな。

これから恋に発展するのかも?!

というところも楽しみな次号です。

漫画は絵と一緒に楽しんだほうが120倍面白いですよ☆

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link