少女漫画

椿町ロンリープラネット11巻62話ネタバレ・感想!マーガレット14

マーガレット2018年12号掲載の椿町ロンリープラネット62話のネタバレ・感想・考察です。

ここからは椿町ロンリープラネット62話のネタバレになりますのでご注意下さい。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

椿町ロンリープラネット62話ネタバレ

3月。3年生の鞍月先輩が卒業し、ふみ達も高校生活最後の年に。

鞍月先輩に、ふみと洋は進路はどうするのかと聞きました。

洋は美容専門で、ふみはまだ決めていないけど多分就職になると話すと、洋は進学すればいいのにと言います。

「まぁでもそっか 一生木曳野暁の家政婦するわけじゃないし借金なくなったら出て行くんだもんなー」

洋の言葉に、ふみは借金を帰したらあの家から出て行くのか・・・・と実感します。

そんなことを考えていると、洋が相生にキスされそうになったと話します。

「こう 思わず恥ずかしくて突っぱねちゃったんだ したら何か気まずくて・・・・ふみならわかるよね!?」

ふみ「えっ え――――‐―・・・っ 実は・・・キス しました」

ふみが真っ赤になりながら話します。

驚く洋たちに、「すごく恥ずかしかったけど 同じくらい嬉しかったです」とふみは話します。

鞍月先輩「案外さ 男の方がナイーブだったりするから露骨に避けるのはやめてあげてね」

「・・・・わかった」

洋と鞍月先輩は、ふみがもうキスをしたと聞いて、毎日ラブラブでおやすみのチューはしてるんでしょと話しますが、

ふみは「まだ一回しかしてませんよ」と答えます。

2人に「普通カップルならキスくらい習慣になると思うんだけど」と言われて、

暁が迫ってる回数も減ったような・・・と家に帰ってから考え込みます。

そのとき、暁がお風呂から上がってきて、意識してしまうふみ。

暁の髪の毛が濡れているのに気付いて、タオルでふいてあげていると、暁の顔が目の前に・・・・

至近距離で見つめられてキスされるのかと思ったふみでしたが「糸くずついてたぞ」と言われただけ。

 

次の日も、前よりも愛情表現が減った・・・と考え込みながら家に帰ると、台所で暁がゆで卵を作っていました。

暁の表情や首、手を見てドキドキするふみは、暁の手に触れようとしますが、失敗。

ふみは、初めてキスをしたときのことを思い出します。

ふみ(私 先生に触れたいし 同じように私にも触れたいと思って欲しい こんな気持ち付き合いたての頃にはなかった)

 

ふみは、暁の部屋の前で声をかけます。

ふみ「先生 もうお休みですか?」

暁は、布団を敷きながら「ああ 何だ?」と部屋の中から答えます。

ふみ「あの 今日 一緒に寝てもいいですか?」

暁がふみの言葉に驚いていると、ふみが戸を開けて入ってきました。

「は?」

ふみ「・・・・枕も持ってきました・・・・なので 一緒に寝ちゃぁダメでしょうか?」

椿町ロンリープラネット62話感想・考察

ちょっとちょっとちょっと!!!!

かなり気になるところで終わってしまった――‐――!!!泣

もう、ふみが暁先生の部屋で寝たいという宣言をしたところは、もうドキドキがやばい!笑

暁先生は、このあと、どう答えるんだろう~?

断る?意外と、受け入れそうな気もするな・・・・

ホテルでも一緒になたし、あのときも暁先生がかなりスキンシップをとりたがっていましたよね!!

それにしても、暁先生の驚いた顔がツボ過ぎる~////

同じ人いませんかね!?

ちょっとビックリしたような驚いている顔でさえ、色気が漂っている・・・・

というか!!!いつでも、暁先生は色気がありすぎる!!!!

ゆで卵を茹でている姿でさえ色気が漂っている・・・

あの真剣な目よ!!!

ふみが、顔と首と手を見ながらドキドキしちゃうのも大いにわかります!!

首筋良い!良すぎる!!!

今回の話は、ふみの気持ちがすっごいわかって、自分もドキドキしちゃいました~!!!

勇気を振り絞って、一緒に寝たいと言ったふみだけど、断られちゃったらどうしよう~泣

あっけらかんと、OKを出しそうな気もしないでもない・・・

暁先生の行動は予測不可能!!どうなるのか気になります!!!!

⇒椿町ロンリープラネット記事一覧はこちら

Sponsored Link