少女漫画

ショートケーキケーキ10巻56話ネタバレ・感想!マーガレット2018年19号

マーガレット2018年19号掲載のショートケーキケーキ56話のネタバレ・感想・考察です。

56話はコミックス10巻に収録されると予想しています。(違っていたらすみません;)

ここからは、ショートケーキケーキ56話のネタバレになりますのでご注意ください。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

ショートケーキケーキ56話ネタバレ

小さい頃の鈴は土地やかぶをたくさん持っていて、みんながペコペコしているおじいちゃんを尊敬していました。

そして、跡取りとしてまわりから期待されているのも水原家の長男として生まれたのだからと理解していました。

まわりの大人が理久をみて一瞬黙るのも気づいていました。

なので鈴は自分がまわりの注目を浴びれば良いと思いますが、

スイミングもピアノもなにもかも理久のほうがうまくできてしまうのでした。

 

「ねぇ理久 理久はなんでそんなにすごいんじゃ?」

理久「・・・本当は必死だよ 誰にも内緒」

理久は、出来が悪いとこの家に入れなくなる気がすると鈴に話しました。

鈴は「なんじゃそれ ひがいもーそーじゃっ」と理久に言いますが、

理久は鈴はこの家の本当の子供だから・・・と話します。

理久「お母さんと同じ髪だよ 鈴 鼻とか口りんかくはお父さん 目はおじいちゃん ちゃんと血が繋がっているんだ・・うらやましくてたまらない」

そんなふうに話す理久に鈴は「大丈夫 おれは絶対に理久のそばにいる ずっと一緒じゃから」と言って理久の手を握りました。

でも、鈴はなんでもできる理久をうらやましく思っていました。

どんなに頑張っても理久は自分の先へ先へと行ってしまう――。

それでも鈴はかっこいい理久のお兄ちゃんになるために必死に努力をしました。

 

鈴が絵画コンクールで初入賞した絵をじいちゃんに見せようとしているとき、

じいちゃんが誰かと理久の絵を褒めている話をしていました。

じいちゃんは理久のことをなんでも優秀なんじゃよと褒めていました。

「真帆お嬢さんも絵がお上手でしたもんね」「こら 理久さんはご長男の方じゃないぞ」

そんな言葉に「かまわんよ次男のほうが出来がよくてな」と返すじいちゃん。

そして、「理久が本当の孫の方じゃ」という言葉を聞いて鈴はショックを受けました。

そこへ理久がやってきたので鈴は「お前なんか ゴミみたいに捨てられたくせに」と言ってしまいました。

泣きながらお母さんを探した鈴でしたが、お母さんは泣いている理久を抱きしめていました。

 

それから鈴はなかなか理久に謝ることも出来ず、口も利かない日々が続きました。

そんなとき、信玄が泣きながら鈴を抱きしめました。

鈴のお父さんとお母さんが事故で死んでしまったのです。

お葬式のときに信玄に「いい加減仲直りしたらどうですか 天国のご両親も悲しみますよ」と言われますが、鈴は今までも何度も理久に話しかけようとしていました。

「鈴」と理久に話しかけられてその場から走り出す鈴。

すると、「もしかして・・・り・・・理久?」と話しかけてくる人に会いました。

「一緒に暮らそう・・?」と言われた鈴は、(嫌じゃ 理久だけは)と思い、

「お前が死ねばよかったんじゃ クソババァ」と言って追い返しました。

それに気づいて追いかけようとする理久の腕をつかんで「あんな奴追いかける価値ないわ」と鈴がとめます。

それでも理久は自分を捨てた母親のもとへと走っていってしまいました。

 

鈴は天と信玄に本当の血のつながりには適わないと言いました。

出来がよくて悔しかった気持ちもあったし、劣っていた俺は兄失格で・・と話す鈴。

「だけど・・・俺は一度も本心で あいつがいなくなればいいなんて思ったことはない」

そう泣きながら鈴は話し続けます。

「今も夜中に何度も目が覚める その時あいつの顔が浮かぶ あいつは今も眠れてるじゃろうか・・・・」

泣きながら話し続ける鈴を信玄は「坊ちゃん もういいです もういいですから」と言って抱きしめました。

鈴の話を聞いた天は、理久のことが好きだと鈴に打ち明けました。

天も信玄も、鈴の理久に対する気持ちがわかったと言い、鈴はテレて怒ります。

そんな鈴に、天は「・・何してほしいか言って なんでもするから水原兄弟のためなら」と言いました。

 

それから理久は姉に連絡を取り、生みの母親と会うために信玄と一緒に待ち合わせ場所へ。

そこには、気合の入った千秋もいました。

変な空気の中、理久のお母さんが部屋へ入ってくるなり、「ごめんなさい」と言って土下座をして謝りました。

そこへ、ドタバタと鈴と天も入ってきました。

理久「お前何しに・・・」

鈴は「初めましてじゃないが 俺の名前は水原玲水原真幌の実子で長男じゃ」と理久の母親に向かっていいました。

「わかったんなら 全部吐いてもらうぞ クソババア」

ショートケーキケーキ56話感想

前回に引き続き、鈴の理久への気持ちが明らかになって泣ける回となっています・・・

兄として理久を守ってあげたい気持ちとか、でも兄なのに理久より出来が悪かったり、

悲しいときにお母さんが理久といたり、おじいちゃんは出来の良い理久のことを可愛がってたり・・・

とにかく、苦しんでいたのに、

それでもやっぱり鈴にとって理久はかわいくて大事な弟で・・・

それは、喧嘩別れをしたままの今も変わらずで。。。

 

玲の目の下のクマがすごいのは、

小さい頃、眠れなかった理久を今でも心配しているからで、、、

もう、鈴が「あいつは今も眠れているじゃろうか」って泣きながら言ったシーンは本当に涙涙でした。。

そのときの信玄の辛そうな顔も泣けますよね。

やっと鈴は、素直になれて理久が実の母親と会うとなったとき、スーツ姿でいきなり登場。

ここは、理久の兄として同席しようと思ったんだろうな。

次回は、なぜ理久の母親は理久を捨てたのか・・というのが明らかになりそうですね!

理久は、鈴がなんで現れたのかまだわからないだろうけど、

もうすぐ、鈴の気持ちもちゃんと理久にはわかるはず・・・

また、鈴と理久が子供の頃みたいに二人で笑いあえる日が来るといいな~。

次回はお休みでまた一か月後となるので、一か月が長いですね~泣

ショートケーキケーキ10巻57話ネタバレ・感想!マーガレット2018年21号ショートケーキケーキ10巻57話ネタバレ・感想!無料で漫画を読む方法も!漫画を電子書籍を使って一番お得に無料で見る方法やネタバレ・感想を紹介しています。ピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリや漫画村の代わりのサイトを今すぐチェックしてみよう!...
Sponsored Link