少女漫画

僕に花のメランコリー8巻53話のネタバレと感想!一生の傷を負ったのは誰?

マーガレット6号(2018.3.5)の

僕に花のメランコリー53話のネタバレ・感想・考察です^^

53話はコミック8巻に収録されると予測しています♪

(間違っていたらごめんなさい…。)

※ここからネタバレ・感想になりますのでご注意下さいね。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

僕に花のメランコリー53話ネタバレ

大あくびをする未来ーーー。

弓弦の実家で義母は弓弦の学校へ出かける準備中。

暇なら一緒に弓弦の学校に行って欲しいと言う母。

どうやら弓弦が進路調査票を白紙で出した事が原因。

今後の話をしに学校に行くと言う母。

進学するならお金を出すと言う母にちょっと驚く未来(笑)

いつも紳士な未来が紙パックの牛乳をワイルドに直飲みww

当然母に注意されてちょい言い訳がウケるw

『そんな飲み方するの』

未来『父さんだけだろ』

って、ここのやり取りも…むむむ…。。

 

場所は変わって学校。

夏休み前の期末テストが終わった花たち高校生。

進路の事とか色々不安はあるけど、夏休みに弓弦と楽しいことをする妄想が膨らむ花^^

遊園地

バーベキュー…

去年の冬、一緒に行こうと約束していた弓弦の母のお墓参りも行けたらいいなぁ…っと考える花。

 

『母さん 花が俺の大事な奴なんだ』

↑って、これ妄想ですwww

 

そんな事を言ってもらえたりなんかして~っと色々期待する花が可愛い^^

 

そんな事を呑気に考えている花の目に、未来と母の姿が飛び込んできます。

花は誰と一緒にいるんだろう?っと思いながら、進路の話をしたいと未来の方に近づいていくと…

2人の声が聞こえてきます。

『弓弦くんの進路 未来きいてないの?』

どうやら、弓弦の話をしている2人。

 

この間家の前に2人でいたこと

昔から仲が良かったこと

未来の事はそれなりに信用していたこと…

 

花は、なんの事かわかりません。

 

『未来はいつもあのこの事気にかけて

だけど…そのせいであなたもケガする事になって』

未来『…いや俺は全然 たいした事ないよ』

心臓がドクンドクンと音をたてる花。

 

『…あながじゃなくてよかった

「一生の傷」

もし負ったのがあなただったら…』

 

ドンッ

ぼーっと突っ立ってる花にぶつかる先生。

そこで、花が話を聞いていた事に気づく未来。

気まずい花…。

母親に、先に職員室に行っているように言う未来。。

 

『…未来先輩…』

未来『うん?』

『お話いいですかぁ~~~~~~~~』

未来『だよなーーーーー』

って、ここ結構シリアスな感じなのに、二人が面白すぎw

 

場面は変わってカツアゲの場面に遭遇する弓弦。

弓弦が近寄ると、何もしていないっと言ってカツアゲしていた二人は走り去る。

中学生ぐらい?の被害者が加害者の二人にドンっとされて倒れたので、手を差し伸べた弓弦。

しかし、被害者の男の子は手を振りほどき走り去っていくーー。

そこには、高柳スイミングスクールと書かれた袋が落ちていた…。

 

私は今幸せで

弓弦くんも そうだと思っていました

それはいつも 私だけ

何も知らないからなの

 

っとここで53話はおしまい。

僕に花のメランコリー53話感想・考察

まさか!!!

こんな風に花にバレるとわ!!!

でも、ここ最近の夢の話であったり、弓弦の態度であったり…

この話しにつながる為の伏線だったのかーっと思いますね。

母の気になる発言「一生の傷」

これは、弓弦の夢の中の血まみれの手と関係があるのでしょうな。

で、やっぱり誰のことかなーっと考えると…出てくるのが昴しかいない…。

この一生の傷を負ったのは昴かその親しい人なのではないでしょうか?

最後に出てきたカツアゲシーン。

カツアゲされていた子の袋を拾った弓弦はそれをスイミングスクールに届けて、なんらかの展開が待っているのでしょう。

親切丁寧に、電話番号まで書いてたから(笑)

何もしらなくて、のんきにしていた花は相当ショックを受けただろうな…。

次は花と未来の話が中心になりそうです!

一生の傷を負ったのが誰なのかもわかりそうですね!

あーラブラブシーンは…しばらくなさそう…(T_T)

僕に花のメランコリー54話ネタバレ・感想は↓

⇒僕に花のメランコリー記事一覧はこちら

Sponsored Link