少女漫画

椿町ロンリープラネット9巻46話のネタバレと感想!畝田さんと暁が…

マーガレット16号(2017.8.5)の椿町ロンリープラネット46話のネタバレ・感想・考察です^^

46話はコミック9巻に収録されると予測しています♪(間違っていたらごめんなさい…。)

※ここからネタバレ・感想になりますのでご注意下さいね。

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

https://comic-life.com/mangamuryou/

椿町ロンリープラネット46話のネタバレ

ふみが自宅に帰ると、玄関には見慣れぬハイカットのスニーカー。

ん?コンバースでございまするか?(笑)

部屋に行くと、知らない女性。

ちょっとあたふたしている女性は

畝田さん『私金石のかわりに臨時で担当させていただいている 畝田と申します』

自己紹介を終えた二人。

ふと見ると、暁はお茶も出していない様子。

ふみがお茶を入れる為に台所に行こうとすると、畝田さんも手伝うと言ってついてくる。

まぁ、暁は普通にお茶は出さないよねw

そこで身の上話をする二人。

ふみの父親の話を聞いて

畝田さん『こんなしっかりした娘さんだったら 離れて暮らしても

何の心配もなく 働くことができますね』

そう言って、自分の家は6人兄弟だったから毎日食費稼ぎに明け暮れていたと話す。

だから多少なりとふみの事は理解できるという畝田さん。

畝田さん、めちゃくちゃ良い人じゃん。

自宅に来る時のお土産(差し入れ?)は経費で落とせるからって、ふみのリクエストを聞いてくれる辺りも素敵w

主婦の味方(笑)ふみはまだ主婦じゃないけどw

畝田さんが良い人すぎて、オモテナシをしようと考えるふみ。

台所で食事の支度をしていると、暁の作品がドラマ化される話が聞こえてくる。

この時のふみよ(笑)

札束が頭の中によぎった事は暁には内緒です…ww

えーーと、400万円ぐらいかな?(笑)

その話に興味がないと言う暁。

『そういった類には疎い 誰がやろうが想像がつかん

それにこれに伴って発生するであろう 仕事に時間を割く気はない』

あきらかがっかりするふみ。

めちゃくちゃ聞き耳立てて…って、聞き耳どころか前のめりになって聞いてる(笑)

そこに、畝田さんが熱く語りだす。

畝田さん『木曳野暁という作家をもっと沢山の人に知って欲しい』

悟郎さんのように信用できないかもしれないけど、面倒事は全て自分に投げてもらっていいと言う畝田さん。

その熱意が伝わったのか、暁も快諾w

『好きにしろ』

ほっとしたふみが調理に戻ろうとすると

ガタン

畝田さん『きゃっ』

お茶を手にこぼしてしまった畝田さん。

何とも無いと言う彼女の腕を暁は引っ張り

『早く冷やせ』

そう言って、炊事場に畝田さんを連れて行く。

その二人の様子を後ろから眺めるふみ。

うう…これは前話から引き続き嫌な予感パート2だな…。。

帰り際に、こっそり次はふみのリクエストからバッチリお土産を選んでくるっという畝田さん。

ふみ『畝田さんって いい人ですね』

『……? そうだな』

(入る隙間 なかったなぁ)

 

ここで46話はおしまいです。

椿町ロンリープラネット46話感想・考察

あらあら…

畝田さん、めちゃくちゃ良い人だけど、、、危険(笑)

ふみもかなり不安に思っちゃったもんね…(TдT)

暁もついついふみに似てる所があるから気になってしまうのか?

彼女を前に、他の女性の手を引いて…ってのは…ねぇ?

ふみ、何も思わないのかと思ってたけどちょっと色々かんがえちゃった感じ?

ドラマ化の話で、暁も忙しくなって毎日のように畝田さんが家に来るようになったら…

ちょっとずつふみの心が耐えられなくなってしまうんじゃないの?

そんな時に悟郎さんが現れて変な4角関係みたいになる???

45話で『オレがあずかっとけば良かったよ』って言ってたのがちょい気になるんだよねー。

安定したかと思ったふみと暁。

でもでも…まだまだ試練が待っているようですね。

⇒椿町ロンリープラネット記事一覧はこちら

Sponsored Link
error: コピーできません!!