少女漫画

春待つ僕ら10巻42話ネタバレ・感想!デザート2018年6月号

デザート6月号掲載の春待つ僕ら42話のネタバレ・感想・考察です。

42話はコミックス10巻に収録されると予想しています。(違っていたらすみません;)

ここからは春待つ僕ら42話のネタバレになりますのでご注意下さい。

春待つ僕ら10巻41話ネタバレ・感想!永久・亜哉・美月は温泉へ?!デザート2018年5月号掲載の春待つ僕ら41話のネタバレ・感想・考察です。 41話はコミックス10巻に収録されると予想しています。...

ネタバレよりやっぱり漫画を読みたい方はこちら♪

漫画を無料で読む方法を徹底解説!恋愛から少年までお得に見るには?漫画を一番お得に無料で見る方法やネタバレを紹介しています。電子書籍で無料で読む方法やピッコマ・マンガワン・などの漫画アプリ、漫画村の代わりのサイトを今すぐチェック!!...
Sponsored Link

春待つ僕ら42話ネタバレ

みんなで来た温泉で、ナナとレイナ・瑠衣と竜二は卓球。

一方、永久と美月は手を繋いで部屋へ戻るところでした。

美月「あっ あれ!? 浅倉くん・・・ 今部屋通り過ぎた!」

永久「うん ちょっと寄り道」

そう永久に連れられて行ったのは旅館の中庭でした。

永久が小さい頃、来たときに見つけた中庭で、やることないからずっと金魚見てたと美月に話します。

それを聞いて、美月は金魚を見ながら永久の小さい頃を思い浮かべて「かわいいね」と言います。

そんな美月の笑顔と言葉に永久は「・・・うん かわいい」と呟きます。

 

温泉に入っている恭介と亜哉――

恭介「そろそろ 何企んでるのか教えてよ」

亜哉「だから~大したこと考えてないって」

そう答える亜哉に恭介は「・・・てことはあれか さっきみたく美月との仲を見せつけにきたとか」と言います。

亜哉「そんなのそっちだって同じでしょ 今も2人で仲良くやってんだろうし」

恭介「ほんとよく来たね こんなとこ かわいそうに」

亜哉「いや全然いいよ あの2人が何してようと 何かを手にいれるにはそういうのも全部乗り越えてこそでしょ それをかわいそうとか・・・そんな甘いこと言われて周りに守られてるから好きになれないんだよ浅倉クンのこと」

恭介「誰もそんなこと永久に言ってないけど?」

そう言われた亜哉は「まぁここに来たのは単に美月のワガママ叶えたかったからだよ」と答えます。

 

病院で、美月が亜哉にみんなで温泉に行かないかと誘ったときに、

亜哉はもちろん嫌がりますが、美月は4人と亜哉がもう少し仲良くなれたら嬉しいと話します。

美月「だから浅倉君の提案聞いたとき 絶対行きたいって思ったの」

亜哉「・・・ああ じゃぁケガ関係ないんだ?」

そう亜哉に言われた美月は「え・・・っ もちろんケガが一番だけど・・・・!」と焦ります。

亜哉「つまりは美月のワガママか」

美月「違・・・っ」

 

そんな美月の思いに、ケガを気にさせてたからそういう気持ちを聞けて嬉しかったと亜哉は恭介に話します。

亜哉「ほんと それだけ・・・ね? 大したことじゃなかったでしょ?」

そう言って、温泉から上がる亜哉に「・・・神山・・・悪かったよ」と恭介が声をかけました。

亜哉「・・・全然」

 

みんなで食事が終わったあと、瑠衣が美月に男子部屋でトランプをやろうと誘います。

美月は部屋でナナちゃんの酔いを醒ましてから行くと答えます。

瑠衣「休憩したら来るってー」

亜哉「じゃあ・・・それまでちょっと浅倉クンと話したいことあるんだけど」

「散歩でもどう?」と亜哉が永久を誘います。

なんでここで話さないんだよと言われた亜哉は「いや 俺はここでもいいんだけど」と答えます。

恭介「美月のこと?」

亜哉「いや バスケのこと」

 

「鳳城の誘い蹴った!?」

亜哉の話で、高校受験のときに永久が鳳城の誘いを蹴ったことを知って驚く3人。

瑠衣と竜二は、悩んでいて言えなかったのかと永久を心配しますが、永久は「いや・・・全然悩まなかったし すぐ断ったから別に言わなくていいかなって」と答えます。

亜哉「断った理由は?」

そう聞かれて、永久は今の仲間と一緒の高校に行くって決めてるのでと答えたと言います。

亜哉「本当にそれだけで断ったんだ」

永久「はい」

亜哉「じゃあ今は後悔してるよね ウチに勝ちたいって言ってるんだし」

永久「・・・いや 別に後悔してません」

永久の言葉になにかを思う亜哉。

瑠衣と竜二が自分だったらもっと迷うなーと話すと、

永久は「でも・・・俺はおまえらに救われたから ずっと一緒に頑張ってきたから 強いチームで勝つよりも おまえらと強くなれるほうがいい」と答えました。

それを聞いた亜哉は「ヌルいよ」と呟いて、散歩と言って部屋から出て行きました。

 

亜哉(ごめんね美月 やっぱり浅倉クンとは仲良くなれそうにないよ)

春待つ僕ら42話感想・考察

先月は、恭介の亜哉ちゃんがまるで悪者みたいな、正しいのは永久で亜哉ちゃんが正しくないかのような物言いでいらっとして終わったところでしたが、

今月号で、亜哉ちゃんがなぜこの温泉旅行にきたのかという理由がわかりましたね~!!

美月のワガママを叶えるため!!!

さすが亜哉ちゃん!!

ケガをさせてから、気を使ったり気にしたりしている美月が、ただ永久達と亜哉ちゃんが仲良くしてくれたらいいなという思いから、

温泉に誘ってきたことで、みんなで温泉に行くことにしたとか・・・・・

本当に・・・・亜哉ちゃん、美月に優しすぎませんかーーーーー!!!!!

私が美月なら迷わず亜哉ちゃんだけど!!!

もう、美月に対する愛が大きすぎるよ!!亜哉ちゃん!!

毎回毎回、亜哉ちゃんの美月への思いに感動します!!

よりあえず、恭介もそんな亜哉ちゃんの思いを理解したのか、誤っていたから許そう・・・笑

でも、最後に永久がバスケの強いチームに行くことで自分もまた強くなるというよりも、

みんなで強くなっていきたいと選んだことを知って、亜哉ちゃんは自分とは違うとおもったんでしょうね・・・

子供の頃の亜哉ちゃんが一人でアメリカでバスケをしているのを亜哉ちゃんが思い出していましたが、

胸が締め付けられます!!!

亜哉ちゃんは一人で強くなるしかなかったんだなーと。

一人だったけど、美月のために強くなりたいというその思いでここまでバスケが強くなってかえって来ている・・・・

なぜ、美月は亜哉ちゃんを選ばないんだーーーーーーーー!!!!泣

 

今月で温泉は終了かな?

もうそろそろ亜哉ちゃんの足の怪我が治りそうな予感ですね!!

春待つ僕ら10巻43話ネタバレ・感想!2018年デザート7月号デザート2018年7月号掲載の春待つ僕ら43話のネタバレ・感想・考察です! 43話はコミックス10巻に収録されると予想しています。...
Sponsored Link